ダイエット中の揚げ物も我慢不要!「豚カツ」をヘルシーに調理する方法と正しい食べ方

2017.02.17



ダイエット中に気になる「揚げ物料理」。中でもパン粉や小麦粉を使用して作る「豚カツ」は避けるという方も多いのではないでしょうか?そんな豚カツをも我慢不要で食べれる「ヘルシーに調理する方法」を伝授したいと思います。

え!!実は美容に良い?
「綺麗になりたければ❝豚肉❞を食べるべし」



画像引用元

一般的に美容本やダイエット本では脂身の多いお肉よりささみなどが推薦されている事が多いため「豚肉はだめなのか…」というイメージがつきがち。ですが実は豚肉ってとても美容に良い食材なんです。

■ビタミンB1が豊富
ビタミンB1には皮膚代謝を助ける働きがあります。そのため美肌効果が期待できるのです。また安眠効果や疲労回復にも効果があるため、体づくりにおいても必要不可欠な栄養素。そんなビタミンB1を豚肉は豊富に含みます。肉類の中でも断トツに含まれていると言われており、牛肉の10倍ほども含まれているのだそう…♡

睡眠とダイエットの関係
疲労回復とダイエットの関係


「豚カツをヘルシーに調理する方法」



画像引用元

■パン粉問題
「細目パン粉を使用」
「おから粉末・高野豆腐粉末で代用」


粗目のパン粉と細目のパン粉がありますが、油の吸収率を少なくする為には細目を選ぶのがマスト!表面積が小さくなるため吸収が少なくなりますよ!更にヘルシーにしたいという方はパン粉の代用におから粉末や高野豆腐粉末を使用することをオススメします。

■油問題
「良質な油を使用」

良質な油を使用と同時に熱に強い油を使用するのがマスト。オリーブオイル・米油・菜種油などを使用がオススメです!

■揚げる問題
「オーブンを使用する」

揚げない豚カツレシピが多く存在しますが、これ1度作ってみて下さい。揚げたものと同様の美味しさがあるので満足できますよ!パン粉を最初にフライパンで炒めてきつね色にさせておきます。その後、通常の豚カツと同様に豚肉にまぶしていきます。オーブンでこんがりと焼けば出来上がり!揚げないので大幅にカロリーカットできますよ!

■肉選び問題
「ロースもヒレもほぼ同じ。自由でOK♡」

ヒレ肉の方がヘルシーというイメージを持つ方が多いですが、実はロースとヒレどちらもほぼ同じなのです。逆にもともと脂身の多いロースは揚げる際に油を吸収しにくく、脂身の少ないヒレは吸収しやすいと言われています。その為、外食時であればどちらを選んでもさほど変わりはありません。お家で揚げない調理をする場合はヒレの方が少しばかりヘルシーに仕上がるかな?ですがあまり意識しすぎなくてもOKです。食べたい方を食べて気持ち的にも満足感を得た方が〇!

■小麦粉問題
「片栗粉を使用するべし」

糖質的に見ても小麦粉使用は避けたいところ。米粉などもありますが、ほとんどのご家庭である確率が高いものと言えば「片栗粉」。片栗粉代用でも十分ヘルシーになるので、小麦粉代用には片栗粉代用をオススメします!


作り方だけではなく食べ方にも工夫を♡




■付け合わせにはキャベツ
■大根おろし
■ソースであれば胡麻をふる

上記の3つは特にオススメです。豚カツ屋さんでキャベツが添えられているのには理由があります。それはキャベツに含まれるキャベジンという成分が胃腸を保護し、消化吸収を助けてくれるからなのです。

そして豚カツにつけるものは「大根おろし」がとてもオススメです。豚肉に含まれる栄養素をしっかりと吸収してくれたり、ビタミンB1を無駄なく吸収する事が可能。また油の分解もしてくれるので揚げ物にとっても相性が良いのです。

美容アップするオロシ方

どうしてもソースが良い!という方もご安心を!ソースの上に胡麻をちょちょいっと振って下さい!胡麻には肝臓で脂肪の分解を促進し脂肪燃焼をサポートする働きがある「ゴマグリナン」という成分が豊富に含まれています。その為ダイエット中にはもってこいの食材!

胡麻美容


揚げ物だって工夫すれば怖くない♡
美味しく食べて綺麗痩せを!




ダイエット中に食べてはいけない食材って実はあまりないのです。大事なのはトータルバランス。揚げ物だって作り方や食べ方次第で体に良い影響をもたらします。ダイエット中だって思う存分揚げ物を楽しんじゃいましょう♡

■合わせて読んで欲しいコラム
油を美容の味方にする方法