年末太り回避YOGA#2〜睡眠力アップ〜

2017.12.07

最近はオシャレなヨガウェアも多く登場し、ヨガを始めてみたいと思っている人も多いと思います。ヨガには「動き回る心を穏やかに整える」効果もあり、アーサナ(=ヨガのポーズ)と同時に深い呼吸をして自分の内と向き合うことで、芯の強い女性へと導くこともできます…♡

この連載では、AROUND25の女性のライフスタイルにぜひ、取り入れてもらいたい簡単なヨガをご紹介します!


出典:shutterstock.com

「YOGAでつくる綺麗な心と体」。今年ラスト月となる12月のテーマは“年末太り回避”! 年末は街の雰囲気も何だか騒がしくて、自身の身体も落ち着きにくくなる時期。そんな時期だからこそ、YOGAをして自身の内側と向き合うこが大切♡2017年を最高な状態で締めくくり…そして新たな年「2018年」を前向きに迎えるためにも1ヶ月間で心身を整えちゃいましょう!



先週の「緊張をほどくアーサナ」はどうでしたか? 気持ちに少し余裕がでてきたところで、さらに心身をストレスから遠ざけるために…今週は睡眠の質をよくするための「睡眠力アップアーサナ」を紹介します♡


睡眠の質とストレスの関係性

出典:shutterstock.com

脳も体も心も休ませてあげることのできる睡眠は1日の疲れをリセットしてくれる、とっても大事なもの。ですが、ただ単に睡眠をとっているだけでは十分に睡眠の効果を得られない場合があります。

例えば…
・起床時に気怠さを感じる
・朝起きるのが辛い
・眠気が覚めるまで時間がかかる
・午前中は頭がボーッとしているetc…



このように、疲れがリセットしきらず翌日に持ち越してしまうといった経験をしたことがありませんか? このような状態が1つでも当てはまったら、睡眠の質が悪くなっている可能性があります。

こういったことをずっと放置してしまうと、どんどん疲れが蓄積されて心身共に動き辛くなり始めます。動き辛くなることで、日常で思う様にいかないことが倍増…。「疲れ」が「ストレス」へと変わり始めてしまうのです。そして、ストレスが蓄積されることで睡眠の質もどんどん悪化し、最終的には不眠症などに繋がってしまうのです…。


12月は「睡眠力」がダウンする人急増!?

出典:shutterstock.com

先週もお話しましたが12月は“したいこと”“しなければいけないこと”に追われる月。そのため、精神的にも肉体的にも無理をして疲れやすくなります。この疲れをとらずに、ベッドにダイブしてしまうと睡眠の質が悪くなってしまいます。寝ているのに脳は起きている状態といった、睡眠力ダウンへと繋がってしまうんです…。


脳も体も心も休ませてくれる…
「バラーサナ」

バラーサナは日本語で「子どものポーズ」。バラーサナはYOGALESSONのなかで休憩時におこなうアーサナです。たくさんの筋肉を使ったあとに、全身の力みをほどき、ただただ体の巡りを感じながら休憩するアーサナ。


●正座からSTART



⑴ 正座して一息深呼吸
・両足の指先が重ならないようにする
・腹筋に力をいれて反り腰防止
・肩の力を抜いて背筋を伸ばす


●上半身を軽く前傾



⑵ 息を吐きながら軽く前傾させる
・手にもたれかかるのはNG
・お尻を軽く浮かせて体幹を使う


●おでこをマットにつける



⑶ 2からゆっくりと顔をマットへ近づけて着地
・全身の力みをほどき始める
・深い呼吸を絶えず繰り返す


●手を歩かせて伸ばす



⑷ 3からゆっくり手を前へと3からゆっくり手を前へと歩かせて伸ばす
・全身の力みをとる
・全体重を下へと移動
・気持ちいいと感じる呼吸を繰り返す
・この時に腰や頭をゆらゆら揺らしてもいい

肩の力みが入ってしまう方は写真のように手を体側に沿わせることをオススメします。





休憩することも仕事…♡
バラーサナで睡眠力をアップせよ!

出典:shutterstock.com

大人になると子どもの頃とは違って「しなければならないこと」が増え責任感を持たなければいけませんし、いろいろな世界を見て「したいこと」が増えついつい欲がでてしまいがち…。だからこそ、たまには子どもの頃の無心で素直だった自分を思い出し、手放しや休憩する心を想い出すが大事なのではないかと私は思います。

ぜひ「バラーサナ」をして心身を休ませてみて下さい。そして睡眠の質を改善し睡眠力をアップさせちゃいましょう…♡