体を温めるYOGA〜体の芯を温めるアーサナ〜

2018.02.19

最近はオシャレなヨガウェアも多く登場し、ヨガを始めてみたいと思っている人も多いと思います。ヨガには「動き回る心を穏やかに整える」効果もあり、アーサナ(=ヨガのポーズ)と同時に深い呼吸をして自分の内と向き合うことで、芯の強い女性へと導くこともできます…♡この連載ではAROUND25の女性のライフスタイルにぜひ、取り入れてもらいたい簡単なヨガをご紹介します!

出典:shutterstock.com

YOGAでつくる綺麗な心と体。2月のテーマは“体を温めるYOGA”。

先週の“上半身を温めるアーサナ”はどうでしたか? この2週間で下半身・上半身はポカポカと温まりやすくなり、活性化しやすくなっています。巡りがよくなっている今のタイミングに、さらに温めることにフォーカスをあてることで、揺るぎのない温かBODYをGETできるはずです。第3週目となる今回は「体の芯を温めるアーサナ」をご紹介します♡




体を芯から温めるためには…
「筋肉量アップ」が必須


女性に多い冷え症の原因の1つは「血液やリンパの巡りの悪さ」。そして、巡りが悪くなる原因には筋肉量が少ないことや衰えが関係しています。

例えば…
ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれており、血液やリンパを押し流すポンプのような役割をしているのです。この働きもふくらはぎ部分に筋肉量が少ないと、弱い動きになってしまいます。そのため、押し流すポンプ力が弱まってしまい巡りが悪くなってしまうのです。そして「むくみ」「末端冷え」などを招き、どんどん冷えやすい体質へと変わってしまうんです。



また、体温をつくり出しているのは骨格筋が全体の60%を占めているため、筋肉量がダウンすればするほど、熱をつくり出しにくく冷えを招きやすい体になってしまうんです。逆に言えば、筋肉量を増やすだけで冷えに強い体にシフトチェンジできるということ♡

※骨格筋とは、骨や関節を動かす動作全体に関わる筋肉のこと


全身の筋肉をしなやかに鍛える!
「ヴィラバドラ・アーサナ 1 」

ヴィラバドラ・アーサナ 1は日本語で「英雄のポーズ1」。 1〜3まであり、クラス中には省略形で「NO1(ナンバーワン)」と言われることもあります。

●下半身は“両足を大きく開き、足裏で大地を踏みしめ、強くドッシリと保つ”
●上半身は“胸を開き、力みをほどき、柔らかく保つ”

下半身と上半身には真逆の力が必須とされるアーサナ。この動きが全身の筋肉を刺激し鍛えることに役立つのです。また鍛えるだけではなく呼吸を大きくするため、しなやかな柔らかい筋肉をGETすることができます!














筋肉量アップで揺るぎない
温かBODYをGETせよ


ヴィラバドラ・アーサナ は強い英雄になっているイメージでダイナミックにポーズをとりましょう! 斜め上を見つめた時に、太陽の光をイメージし大きく呼吸することで、心も体もポカポカと温めることができますよ♡

芯から温めて、揺るぎない温かBODYをGETしましょう!