美肌YOGA〜くすみ解消アーサナ〜

2018.03.16

最近はオシャレなヨガウェアも多く登場し、ヨガを始めてみたいと思っている人も多いと思います。ヨガには「動き回る心を穏やかに整える」効果もあり、アーサナ(=ヨガのポーズ)と同時に深い呼吸をして自分の内と向き合うことで、芯の強い女性へと導くこともできます…♡この連載ではAROUND25の女性のライフスタイルにぜひ、取り入れてもらいたい簡単なヨガをご紹介します!

出典:shutterstock.com


YOGAでつくる綺麗な心と体。
3月のテーマは“美肌YOGA”。先週の「肌荒れ解消アーサナ」はどうでしたか? 肌荒れを解消した後は、さらに肌荒れの根本を改善させ、肌荒れを繰り返すことを防止するアーサナをご紹介します。

肌のくすみは肌荒れを繰り返す原因になる

出典:shutterstock.com


肌のくすみは、血流・リンパの流れが悪い証拠でもあります。体の巡りが悪いということは老廃物も滞りやすいため、代謝がどんどん落ちていきます。そうすると、悪循環で繋がってくるのが「肌荒れ」なんです。

出典:shutterstock.com


繰り返すニキビや痒みなどの肌荒れに悩まされている人は、くすみのない肌を目指すことにフォーカスをあてることが大切です。


肌のくすみ改善には
「骨盤調整」が必須!


出典:shutterstock.com


骨盤は上半身と下半身を繋いでいる場所であるため、この場所が歪むと全身のバランスが崩れていきます。そうすると、筋肉の動きが悪くなり凝り固まりやすい状態になってしまい、血液やリンパの流れを悪くしてしまいます。

また、筋肉の動きが鈍くなる姿勢の悪さにも影響しやすくなります。そして、胃や腸などの内臓の位置が下へと下がり便秘などをも引き起こしてしまう原因に…。

どんどん老廃物の溜まりやすい体質へと変わっていってしまうんです。

※猫背姿勢だと下腹がポッコリとしがちですよね。これも悪い姿勢によって内臓が垂れ下がっていることが原因の1つでもあります。


骨盤調整をして巡りを整える!
「ハイランジ」



ハイランジは、サンスクリット語で表されることがなく「ハイランジ」としてヨガクラスでも使用されています。このポーズでバランスを取るためには、骨盤の高さや向きを正しくすることが大事。そのため、骨盤周辺を意識しながら行うので、骨盤周辺の筋肉に強い刺激を与えることができ骨盤調整に繋がります。また、リンパ節がたくさん集まっている場所である「太もものつけ根部分」を強く伸ばし柔軟性を高めることができるポーズなので、老廃物を促すことにも効果的♡




⑴ 前屈(ウッターナ・アーサナ)からSTART



ウッターナの正しいやり方


⑵ 目線を軽く前に向けてアゴをあげてから左脚を後ろへ



・ウッターナから半分の前屈(アルダウッターナ)にチェンジ
・手の平をマットにしっかりとつける
・吐く息で1歩後ろへ
・吸う息で背筋を伸ばす


⑶ 右脚のつま先の力と腹筋を使い上半身を上に持ち上げる



・つま先でマットを捉える
・腹筋と肋骨を吐く息で中に引締める
・なるべくバランスを崩さないようにゆっくり上半身アップ
・左右の骨盤のラインを整えておく


⑷ 頭の上で手を合掌にして、下半身を強く保ちながら呼吸


・吸う息で背筋を伸ばしながら合掌
・吐く息で腹筋に力をいれ反り腰を防止
・吸う息で伸びて吐く息で肩を下へ落とす
・吐く息でお尻を重く下へ、太ももつけ根に刺激♡

⑸ 余裕がある方は更に上体をしならせる



全身のバランスを整えてくすみ改善!
繰り返す肌荒れとサヨナラしちゃおう♡




骨盤周辺の巡りが整うと血行もよくなるため、肌のくすみが改善される効果が期待できます♡



透明感のある美肌をGETするためにも、ぜひハイランジで全身を整えて下さい♡