最旬セレブWatch!!

元不良から天才俳優へ。ケヴィン・スペイシーの人生もまさにリベンジドラマだった?

2014.12.30

Celeb

こんにちは。
海外ドラマコラムニストの伊藤ハルカです。

このコラムでは、海外ドラマの裏情報や、海外ドラマに登場する注目のセレブを紹介します。今回は、2014年最後のコラムということで、海外ドラマの歴史を塗り替えた伝説のリベンジドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』で、主役のフランクを演じた俳優ケヴィン・スペイシーにフォーカス! 見事な戦略性で周囲を陥れ、したたかにホワイトハウス入りを狙う下院議員を演じた名優ケヴィン・スペイシーの素顔とは?


■『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のストーリーを簡単にご紹介!
ホワイトハウス入りを願っていたアメリカ民主党の下院議員フランクは、大統領候補に裏切られ、あと少しのところで国務長官の役職を失うことになります。自身を裏切った政界の人物に根強い恨みをもったフランク。彼らに復讐を遂げ、利用できるものはすべて利用して、ホワイトハウス入りをめざしのぼりつめていきます。そのフランクのしたたかで想像を絶する戦略性、またフランクの妻の画策など、様々な人物の欲望を思惑がうごめく政治ドラマです。このドラマは、テレビ局ではなく、「Netflix」という、アメリカのネット配信会社が製作したことでも有名なドラマ。テレビ放送は一切せず、ネット配信のみの公開であったにも関わらず、海外ドラマの最高峰であるプライムタイム・エミー賞を獲得した海外ドラマの歴史を塗り替えた名作でもあります。


■暴力に退学…やんちゃすぎる子供時代
1959年に、ニュージャージー州サウスオレンジで生まれたケヴィンは現在55歳。幼少期は両親の仕事の都合もありアメリカ国内を転々とし、最終的には南カリフォルニアに移り住んでいます。
現在の落ちついた風貌からは想像できないやんちゃ少年だったようで、姉のツリーハウスを燃やしてしまうという騒動を起こした末に、ノースリッジ軍人学校に送られることに。しかし、その軍人学校でも、トラブル発生。同級生の頭にタイヤを投げつけ、入学してものの数か月で退学になってしまいます。このままでは、とんでもない大人になってしまうと誰もが危惧したところで、ケヴィンに転機が訪れます。転入したロサンゼルスの高校で、『サウンド・オブ・ミュージック』のトラップ大佐を演じたことをきっかけに、演劇に興味をもつようになったのです。卒業、ニューヨークのジュリアード音楽院演劇科に入学し、本格的に演技を学び始めます。「早く働きたい」という思いが強く、2年で中退してしまいますが、彼は自身に演技の才能があると気づいていたのでしょう。中退後、彼の華々しい役者人生がスタートします。

■元不良から大物俳優に
中退後、ニューヨーク・シェイクスピア・フェスティバルにおいて「ヘンリー6世」の使者役で舞台デビュー。その後しばらくは、舞台を中心に活躍し、1991年にニール・サイモン演出の「ロスト・イン・ヨーカーズ」でミュージカルの最高峰であるトニー賞を受賞。この賞をきっかけに、業界での知名度がぐんとあがり、関係者から注目を集めるようになります。

ここからは、舞台から映画の世界へジャンプイン。『ハウス・オブ・カード 野望の階段』でタッグを組んだ鬼才デヴィッド・フィンチャー監督の映画『セブン』で連続殺人犯ジョン・ドゥを怪演し、同年の映画『ユージュアル・サスペクツ』でアカデミー助演男優賞を獲得します。その後ついに『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞主演男優賞を獲得し、名実ともに大物俳優の仲間入りを果たします。近年では、映画スターのイメージが強かったケヴィンがテレビドラマ界に進出し、これまたエミー賞を獲得するなど、業界の名だたる賞すべてをゲットしたとてつもない大物俳優ですね。

■結婚歴も子供もナシ。謎だらけなプライベート
一方のプライベートは、あまり知られていないケヴィン。いい年だけど一度も結婚していないし、子供だっていない。「自分という人間を知られていないほうが、視聴者は映画に入り込めるし、私がその登場人物だと信じられる」とメディアへのインタビューで答えていて、仕事のためにあえてプライベートは明かしていない様子。アカデミー賞にはパートナーとして母親を連れてくるなど、彼の謎な部分もキャラクターによいスパイスを利かせているはず。

■自身の人生もまさにリベンジドラマ?
最近では、映画出演だけでなく、製作も精力的に行うケヴィン。『ハウス・オブ・カード 野望の階段』でも主演のみならず、プロデューサーとして携わっているし、デヴィッド・フィンチャーが監督を務めた映画『ソーシャル・ネットワーク』では製作総指揮も務めています。誰もが将来を心配していた元不良が大物俳優までのぼりつめた。これって、一人の下院議員がホワイトハウス入りを目指す『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のフランクに少し似ていません? ケヴィンも自分に重ねながら演じていたりして。

舞台俳優、映画スター、ドラマスターときて、監督やプロデューサー業にも従事。もう55歳、まだ55歳。才能あふれる大物俳優の今後の活躍に注目していきたいですね!

Text Haruka Ito


『ハウス・オブ・カード 野望の階段 SEASON 1』
Blu-ray Complete Package <デヴィッド・フィンチャー完全監修パッケージ仕様>
¥12,000(税抜)発売中
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
© 2013 MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.
SEASON2も発売中!