ガイドブックには載っていない世界の裏事情

いま語学留学するならフィリピン! 行ってわかった人気の理由。

2015.01.28

Travel

「英語留学」というと、アメリカやイギリス、もしくはオーストラリアなどの英語圏が主流ですが、ここ数年人気急上昇なのが、フィリピンなどのアジア方面。

私たち夫婦も世界一周の旅の前にまずフィリピンで英語留学し、旅のあと再びフィリピンに来て、実は今も留学中なのです。なぜフィリピン留学なのか? その理由と実態をレポートします。

フィリピン人の美人先生

フィリピン留学の最大の特徴は、先生とのマンツーマン授業の時間が多いこと。それなのに授業料は格安。これは人件費と物価の安いフィリピンだからこそできることです。

フィリピンでは公用語が英語で、ほとんどの人が流暢な英語を話します。彼らの発音は日本人にも聞き取りやすいため、英語ビギナーにぴったり!

フィリピン留学は、学校に併設された寮での生活が基本。食事と部屋の掃除、洗濯も料金に含まれていることが多く、勉強に集中できる環境が整っています。留学費用は1ヶ月15万円前後のところが多いのではないでしょうか。1日6~8時間の授業、寮、そして食事込みの金額と考えると、とても安い!

 

一部の地域では治安が心配なフィリピンですが、私たちの学校は高級住宅街の中にあり、入口に守衛さんもいるので安心。

学校選びのポイントは3つ。
1つ目は、日本人が多い学校を選ぶこと。「英語の上達のためには日本人が少ない方がいいのでは?」と思いがちですが、日本人が多いということは、それだけサービス内容がよく、多くの日本人に支持されているということ。マンツーマン授業なので英語を話す時間はしっかり確保できます。上達してきたら日本人同士でも英語で会話することもあり、周りに日本人が多くても英語の上達は可能です。もちろん、あえて韓国人が多い学校に飛び込んで、アウェイな環境で語学力を伸ばす、という方法もアリかもしれませんが!

これが教室。ここで先生と1対1のマンツーマン授業を受けます。

2つ目は、ネイティブスピーカー(欧米人)の講師がいること。フィリピン人の先生からも英語は学べますが、欧米での進学やビジネスを考えている人には不十分。ある程度英語に慣れてきたら、ネイティブスピーカーとの会話の授業を取るのがおすすめです。もしくは、フィリピンで基礎を学んでから欧米に留学するという二段階留学という手もあります。

3つ目は、なるべく新しい情報をネットで入手すること。ちょっと前まで人気の高かった学校でも、1コマの授業時間を短くして授業数を詰め込んだ結果、いい先生が立て続けに辞めてしまうなど、状況が大きく変わっている可能性もあります。

勉強の合間に、セブ島、ボラカイ島など、フィリピンのリゾートを楽しめるのも魅力です♪

ブームゆえ、変化の激しいフィリピン留学事情。最近では、英語だけでなくITを学べたり、英語で医療などの専門用語を学ぶコースもあったりと種類もいろいろ。

上達を実感したいなら2ヶ月以上の留学がオススメですが、時間のない人は長期休みを利用した2 週間程度の留学でも、日本で勉強するよりもずっと効果的! フィリピン留学、あなたも体験してみては?

Text Kumi Watanabe