髪にいいのは? 肌にやさしいのは? 使いやすいのは? どっち!? シリコンシャンプーとノンシリコンの違い

コマツマヨ

2017.10.20

出典:shutterstock.com


髪や頭皮に優しいノンシリコンシャンプーがブームですね。その背景もあり、「シリコン入りシャンプーはよくないもの」なんていうイメージが浸透しています。

しかし、実際にノンシリコンシャンプーを使ってみたら、髪がゴワゴワになったりまとまりにくくなって「なんで?」と思った人も少なくないでしょう。

昔から化粧品などにも広く使用されている「シリコン」は、必ずしも体によくないということではなく、むしろ髪質によってはノンシリコンシャンプーが不向きな人も。

シリコン入りのシャンプーとノンシリコンシャンプー、それぞれの役割や成分を正しく知らないと、かえって髪や頭皮に負担をかけてしまうこともあるんです。

では、シリコン入りシャンプーとノンシリコンシャンプーは、どのような違いがあるのでしょうか? コスメ愛好家の筆者がご紹介いたします!

 

化粧品にも使われてる! 「シリコン」の正体と役割

出典:shutterstock.com


シャンプーやコンディショナーに使用されるものと思っている人も多いものですが、人体への影響が少ない成分として化粧品や医薬品、食品などにも使用されている非常に身近な成分。

原材料表記の欄には、「ジメチコン」「シクロメチコン」などと表記されています。

シャンプーに配合されているシリコンは、指通りをよくしたり髪にツヤを与えたりするコーティング剤の働きがあります。

シリコンの粒子はとても小さく細かいので、毛穴につまったりキューティクルの間に入り込んで直接的なダメージを与えることはなく、使用することで髪や頭皮に直接的なダメージを与えることはないようです。

また、カラーやパーマが落ちやすくなるという噂もありますが、現在のところはそれを裏づけるような科学的なデータは発表されていません。

 

ノンシリコンシャンプーが向いている人、シリコン入りシャンプーが向いている人

出典:shutterstock.com


シリコン入りシャンプーは、シリコンがコーティングの役割となって外からの刺激やドライヤーの熱から髪を守ってくれます。そのため、ごわつきや広がりやすくまとまりにくい髪、髪が傷みやすい人やコテ・アイロンを頻繁に使用する人に向いています。

一方ノンシリコンシャンプーに向いているのは、猫っ毛や髪にコシがなくボリュームを出したい人、シリコンなどを使わずに自然なツヤや手触りでいたい人、ナチュラル志向の人。ノンシリコンシャンプーで洗った後の髪は、肌で言えば「すっぴんの状態」なので、傷みやすい髪にはオススメできません。

 

注意したい! ノンシリコンシャンプーと一緒に使用するヘアケア商品の落とし穴

出典:shutterstock.com

ノンシリコンをうたっているシャンプーでも、同シリーズのコンディショナーやヘアクリームやスタイリング剤にシリコンが含まれている場合も。

通常よりも高価なノンシリコンシャンプーを使っているのに、ほかのヘアケアアイテムにシリコンが含まれていては、ノンシリコンシャンプーを使用している意味が全くなくなってしまいます。

ノンシリコンシャンプーを選ぶなら、合わせて使うヘアケアアイテムにも注意を。

 

シリコン入りシャンプーだと薄毛になる! ノンシリコンなら髪に栄養を与えられる! などと間違った情報に惑わされている人も多いものですが、シリコンとは本来有害ではなく、髪をダメージから守る働きすら期待できるものなんです。

自分の髪に必要なものはどちらかを判断した上で、シャンプーを選びたいものですね。