「デニムは洗わないほうがいい」っていう彼にも教えてあげたい! 愛用デニムの洗濯法

コマツマヨ

2017.11.13

出典:shutterstock.com

空前のデニムブームが来ている今シーズン、ワードローブに新たな1本を加えたという人も多いのではないでしょうか。

ガンガン使い回せてコーデの幅が広がる優秀なアイテムですが、デニムの正しいお手入れはできていますか?

「デニムは洗わないほうがいい」というのがなんとなく世間では常識になっているけれど、汚れや汗が蓄積されてしまうから、やっぱり洗いたいですよね。けど、生地を傷めたり風合いが変わってしまうのもイヤ……。

そこで今回は、大切な一本を長く愛用するためのデニムのお手入れ方法をご紹介します。

 

「デニムは洗わない」っていうのは都市伝説?

出典:shutterstock.com

「デニムは洗わないのが正解」と思っている人も多いですよね。

ですが、汚れがついたまま放置するのは気持ち悪いし、シミなどが目立ってはイヤだし。そもそもとっても不衛生ですよね。

デニムはけして洗ってはいけないものではありません。また、汗や食べこぼしの汚れを放置して洗濯すると、なかなか落ちずに生地を傷めてしまう原因にもなります。汚れた時は即座に洗うのがベストです。

洗わないと決め込んでいるストイックなコレクターもいますが、正しい方法でていねいに洗えば、さほど風合いや色合いを損ねることもありません。

むしろ、洗うことで変わっていく風合いを楽しむのもデニムのいいところ。

色や風合いを絶対に損ねたくないのか、適度に汚れをとって心地よく履くのか、自分はどのようにデニムを履いていきたいのかに合わせて洗うか洗わないかを選んでもいいでしょう。

 

正しい洗い方はとっても簡単!

出典:shutterstock.com

あまり洗う機会のないデニムですが、洗い方はとっても簡単です。生地を傷めないよう、正しい洗い方のポイントを心得ておけば大丈夫。


<デニムを洗う時のポイント>

・単独で洗う

・水で洗う

・中性洗剤を使う

・裏返す

・陰干しする


色落ちや色移りの恐れがあるので、必ずデニムは単独で洗います。また、お湯で洗うのも色落ち・色移りの原因になるので、水を使用するのがよいでしょう。

洗剤は基本的に使わない方がいいですが、汚れが気になる場合は中性洗剤を使います。シミなどが特に目立つ部分は、中性洗剤を使ってシミの部分だけを優しく洗いましょう。

洗ったデニムは裏返しにして、直射日光を避けて陰干しを。型崩れしないよう洗濯ピンチでウエスト部分を挟んで筒状に干すと、風通しも良くなり乾きやすくなります。

 

デニムを痛める原因は?

出典:shutterstock.com

デニムを洗う際、生地を痛める大きな原因が摩擦です。

洗濯機でガンガン洗ったり、洗い桶の中でゴシゴシと揉んだり強い力をかけてもみ洗いをするのは避けて。できれば洗い桶のなかでのつけ置き洗いが理想的。洗濯機を使う場合は必ずネットに入れ、ドライコースや手洗いコースなどおしゃれ着洗い専用のコースを利用してください。

 

定期的にお手入れをして、お気に入りのデニムを長く愛用てくださいね!