おはようにつける〇〇で仕事がデキる女に変身!3年目OLが仕事で使うと評価アップの+αのひと言

コマツマヨ

2017.11.20

出典:shutterstock.com

社会人3年目となれば、重要な仕事を任されたりキャリアアップを視野に入れるタイミング。普段なにげなく交わす挨拶や言葉にさりげないひと言をプラスすれば、好感度が上がって仕事が円滑になります!

今回はデキるOLがやってる+αの一言をご紹介します。

 

「おはようございます」で朝イチから好印象!

出典:shutterstock.com

朝の挨拶は機械的でルーティンになりがち。誰もが同じ言葉を言う時だからこそ、+αの一言を添えることで気配りがデキる人という印象を持ってもらえます。

同じ部署やプロジェクトで毎日関わる人には「おはようございます。今日もよろしくお願いしますね」と声をかけたり、相手が重要な案件を抱えている時などは「おはようございます。〇〇の件、私もお手伝いできることがあったら言ってくださいね」など。

たとえ普段仕事上の関わりが少ない人でも、「おはようございます。今日のワンピース素敵ですね」や「おはようございます。昨日より寒いですねー」など相手の服装を褒めたり、共感するような言葉も効果的です。

また、何かひとつの仕事が終わった後なら「このあいだはありがとうございました、〇〇さんのおかげでスムーズに進みました」と言ってみるのも。朝の挨拶のタイミングで、あえて伝えると相手の印象にも残りやすくなります。

 

アポ取りの電話の最後に付け加えたい一言

出典:shutterstock.com

取引先とのアポの電話では、日程や案件の詳細などを確認するのみの事務的な会話になりがち。顔が見えない電話での会話は、なんだかそっけないやり取りになってしまうときもありますよね。そんなときも、+αの言葉を付け加えてみて。

「お会いできるのをとても楽しみにしています」や「お忙しいなか、お時間を取っていただけて嬉しいです」と、事務的な会話が多いときだからこそ個人的な思いを伝えるだけで、好印象を与えることができます。

 

仕事の“初めまして”で伝える+α

出典:shutterstock.com

新しい取引先の担当者と会うときや、取引先の担当者が変わった時など、新任の連絡を受けるときがありますよね。そんなとき多くの人は、「今後ともよろしくおねがいします」だけで済ませてしまっているのではないでしょうか。

もちろんそれだけでも十分ですが、「ご連絡いただけて嬉しいです」「お会いできて嬉しいです」など親しみのある+αの言葉を加えてみましょう。

 

仕事上の人間関係は、コミュニケーションや気遣いが欠かせません。

多くの人が同じ言葉を使う場面だからこそ、たった一言を加えるだけで、「思いやりのある子なんだな」「気遣いができる子なんだな」と気づいてもらうことができ、仕事もスムーズにすすむかもしれませんよ。