「彼女がわがまますぎる!」男が嫌いな彼女の甘え方と嬉しい甘え方の違いは?

コマツマヨ

2018.03.20

出典:shutterstock.com


男性は、女性に甘えられると嬉しいもの。だからと言って何でもかんでも甘えればいいというわけではありません。あなたの甘え方によっては、彼にうざいと思われたり嫌がられたりしてしまうかも。

どんな甘え方をすると男性は嫌がるのか……。今回は彼に甘えて失敗してしまった経験のある女性と、彼女に甘えられて嫌な思いをした男性に取材を行いました。男女それぞれのエピソードをご紹介しながら、「男が嫌がる甘え方」について3つ紹介します。


1:イライラしてる時に甘える

出典:shutterstock.com


まずは、彼に甘えて逆効果になってしまった女性の体験談です。

「彼が仕事でトラブルがあって明らかにイライラしていたので、かわいく甘えて機嫌を直してもらおうと思ったら彼はブチギレ!別れこそしなかったものの、そこからしばらくはギクシャクした日が続きました。甘える時は、時と場合ををわきまえた方がいいと学びました。」(30代・保険事務)

イライラしている時、男性の多くは「そっとしておいてほしい」「構わないでほしい」と思うよう。この彼女のように、イライラしている彼に下手に甘えたりすることで、余計にイライラさせてしまうこともあるので気をつけたいですね。


2:おねだりする時だけ甘える

出典:shutterstock.com


今度は、男性の体験談をご紹介します。

「女性から甘えられるのはすごく嬉しいですが、あからさまに都合のいい時だけ甘えてこられるとすごく腹が立ちます。前に付き合っていた人は、何か買ってほしいときとか迎えにきてほしいとかそんなときばかり甘えることが多くて。あからさまに媚びる正直うんざりしました。」(30代・不動産営業)

都合のいい時にだけ甘える調子のいい女性は、男性から嫌がられるよう。頼りにされたり彼にしか頼めないお願いごとをするならまだしも、「疲れたから」「めんどうくさい」「自分の都合を聞いてほしい」といった自分勝手なお願いをする時に甘えるのは媚びていると思われてしまうようです。


3:甘えるとわがままの違いがわかってない

出典:shutterstock.com


彼に甘えているつもりでも、実は彼にわがままを言っているだけになっていることも。

たとえば、重いものを持つなど自分の力では難しいことを男性にお願いするのは「甘える」。ですが、自分のバッグなどを彼に持ってもらうのは「わがまま」。

また、さほど遠くない距離で夜道が危険だから迎えにきてと言うのは「甘える」ですが、真夜中に呼び出して迎えにきてもらったり自分で歩ける距離をわざわざ車で迎えにきてもらうのは「わがまま」です。

ほかにも、「自分以外の子と仲よくしないで」というのは単なるわがままですが、「浮気はしないでね」「私だけを見て」というのは彼に甘えていることになります。

また、「いつも会いたい」と、思っていることを伝えて甘えるのはいいですが、自分が会いたい時に「会いにきてほしいと言う」のはわがままなのでNG。


出典:shutterstock.com


自分は甘えているつもりでも、彼にとっては自分勝手でわがままに見えているかも。甘えることとわがままを間違えないようにしたいですね。