痩せない原因は○○の冷え? ダイエット成功者に聞いた、春ダイエット成功エピソード

コマツマヨ

2018.04.11

暖かい日が増え、薄着の季節になりました。まもなくやってくる夏に向けて、冬の間に緩んだボディを夏仕様に整えたいですよね。

春は気温の差が激しく、体のリズムを崩しやすい時期。ただ食事を減らす、運動をするだけのダイエットはなかなか目に見えて効果が感じられないこともあります。そこで今回は、ダイエットに成功した2人の女性に、春のダイエットのコツを伺いました。

春は体が活発になる! 痩せるベストシーズン!?

出典:shutterstock.com


1人目の成功エピソードはM代さん(29歳/セラピスト)。

「人って、暖かくなるにつれて新陳代謝がアップして、体のなかで新しい細胞をつくる働きが活発になり、エネルギー消費も増えて痩せやすくなるそうです。筋肉量が少ないと消費するエネルギーも減ると聞いたので、積極的に体を動かしたりバランスのよい食事をとって、どんどん脂肪を燃やせる体づくりを心がけました。一昨年の冬に苦しくて履けなかったスキニーパンツが、去年の夏前には履けるようになりました!」

冬は寒さから体を守るために基礎代謝が高まるといわれています。そのぶん、寒い冬をしのぐために体は脂肪を蓄えようとするそう。春になって暖かくなれば、人間は、寒さをしのぐための脂肪を蓄える必要もなくなり、さらに新陳代謝が活発になるのでエネルギーの消費量も大きくなる……という考え方。こう考えると、春は、ダイエットをする絶好の時期なんですね!


内臓の冷えが原因? 春ダイエットのポイントは体のなかを温めること

出典:shutterstock.com


運動や食事制限だけではなく、内臓から痩せやすい体にする方法でダイエットに成功したY実さん(30歳/事務)。

「内臓が冷えると代謝が落ちて痩せにくい体になると聞きました。代謝は内臓が関係しているので、暖かい飲み物を飲んだりお腹をマッサージしたり、おへそが隠れるくらいのインナーを履いたりして内臓を温めるようにしていました。続けていたら、全体に体がすっきりして、お腹の調子がよくなり、肌荒れのトラブルも減ったような気がします」

暖かい日が続く春でも、朝晩はぐっと気温が下がるので、気づかないうちに体が冷えてしまいます。また、日中の気温の高さから冷たいものを飲むようになって、知らないうちに体のなかが冷えてしまうことも……。内臓が冷えると動きが滞って、消化吸収機能が弱くなるといわれています。そうなると基礎代謝が落ちてしまい、結果的に痩せにくい体となってしまうようですね。

Y実さんのように、お腹を温める方法はもちろん、食事を急激に減らしたりせず、むしろしっかり食べて内臓をどんどん活発にしてあげるのも、ダイエット法のひとつとなりそうですよ。


出典:shutterstock.com


効率よくダイエットしたいもの。適度な運動やバランスのよい食事をとって、体の外側と内側の両方で、痩せすくしていきたいですね!