【男の本音】非モテ警報発令! 「女子のアレを見つけて萎えました…」真夏のガッカリエピソード4つ

コマツマヨ

2018.07.21

出典:shutterstock.com


紫外線ケア、ムダ毛処理、デコルテや二の腕のザラザラのケアにシェイプアップ……念入りなお手入れが必要なこの時期、完璧にしたつもりでも、後ろ姿までは完璧にケアできていない人も……。


正面から見たらすっごく可愛いのに、後ろ姿でがっかりした……という男性の意見をご紹介します。


真夏のガッカリ(1)白パンツに下着が透けている

出典:shutterstock.com


「彼女の下着が透けていたとき。パンツのラインがくっきり出ていたり柄が写っているのを見ると、だらしないこと歩いているようで見ているこっちが恥ずかしい」(34歳/不動産営業)

夏の定番・白パンツ。うっかり色付きや柄ものの下着を履いてしまって、後ろから見ると“丸見え”状態の恥ずかしいことになっていることはありませんか?

今年大人気のベージュのリネンパンツも柄やラインがうつりやすいので注意。


真夏のガッカリ(2)ベージュのインナーがチラ見え

出典:shutterstock.com


「ヒラヒラした白の可愛いブラウスを着ていた彼女。かがんだ時に腰のあたりからおばあさんみたいな濃いベージュの下着がのぞいてショック。下着が透けないインナーを着ていたのは理解できるけど、ベージュでも、せめてもう少し薄いベージュにして欲しかった」(30歳/建設系)

透けにくいインナーといえばベージュ。下着が透けないよう、薄い色のトップスの下には必須! ですが、おばあちゃんが着るような濃いベージュやモカなどは、見えた時に男性の気持ちをかなりげんなりさせてしまうよう。同じベージュでも、生成りや薄いベージュ、光沢のある素材のものなど、上品なアイテムをチョイスすれば、見えてしまった時のがっかり感をいくらか軽減できるかも?


真夏のガッカリ(3)サンダルからザラザラ粉拭きかかとが丸見え!

出典:shutterstock.com


「彼女の後ろ姿で1番がっかりしたのが、サンダルを履いていた彼女のかかとがガサガサで真っ白だったこと。後ろから見ると、歩くたびに白くて粉を吹いているかかとが見えて、普段清潔感のある大人っぽい彼女だっただけに見たくないものを見てしまった気がしてすごくショックだった」(29歳/自営業)

足の裏だけでなく、かかとの後ろ側まで広範囲にガサガサになっている人は要注意。可愛いサンダルを履いていても、ガサガサかかとが丸見えだったら男性陣はショックを受けてしまいますよ。


真夏のガッカリ(4)背中と二の腕のハミ肉、どうにかして!

出典:shutterstock.com


「タンクトップを着ていた彼女の後ろ姿を何気なく見た時に、ブラジャーが食い込んでいて背中の肉がムニっと……。腕の付け根も二の腕の肉がぎゅうぎゅうになっていたし、細いと思っていただけにイメージダウン。彼女はタンクトップは着ないほうがいいと思った」(35歳/洋菓子メーカー)

タンクトップなど露出が多い服を着るときは、ぜひ後ろ姿も念入りにチェックを。特に二の腕や背中のお肉は知らないうちについていて、それでいて目立ちやすいもの。自分では気づかない部分こそ、他人にがっかりされてしまいやすい危険なパーツです。


出典:shutterstock.com


鏡に映った自分をチェックするとき、後ろ姿はおろそかになりがち。特に薄着の季節は注意が必要ですね!