結婚相手に必要な条件って?既婚者に聞いた「結婚してわかった結婚相手への“必要じゃない”条件」3つ

コマツマヨ

2018.10.16

結婚相手求めるものはなんでしょうか? 経済的に安定していることは生活する上で欠かせないことですし、優しさや思いやりも家族となる相手に求めるのは当然。それ以外にも、趣味が合うことや価値観が同じであること、家族計画など将来的なビジョンが同じかどうかなどいろいろと浮かびますよね。しかし、結婚前にあれほど重要だと思ったところが、実際に結婚して見ると大して重要じゃなかったと思うこともあるのだとか。


そこで今回は、既婚者女性に「素敵な旦那様を見つけるために“重要ではない”こと」をリサーチ。結婚してからだから言えるリアルな本音を伺いました。


夫婦で同じ趣味を持つ必要はない!


出典:shutterstock.com


「趣味が一緒の人はすべての価値観が合うと思っていた。うちは結婚してからその趣味にかける時間や金銭的なことで揉めることが多くなり、子供ができたらなおさら趣味のことで揉めた。再婚した相手は趣味が全く違うけれど、そこがいい距離感となっていて、お互いを尊重できている」(34歳・製薬会社事務)


結婚相手に求める条件として「趣味が同じ」という人はあまりも多いものですが、それが裏目にでることも。「趣味が合わないから」といって恋人候補・夫候補から除外していた人は、素晴らしい人を実は逃していたかもしれません。


相手の服のセンスは重要じゃない!


出典:shutterstock.com


「彼は服なんてどうでもいいというタイプでオシャレではなかったし、一緒に買い物に行くのも嫌がったけど、正直結婚に焦っていたのでその部分は重視せず結婚した。結婚後、私が進める服を着てくれるようになり、それを機に服に興味を持つようになったので、今は一緒に買い物も行くし結婚前よりも断然オシャレになりました」(30歳・医療事務)


服のセンスはいつからでも変わります。女性に比べてファッション興味を持つ人の割合が少ない男性たち。もしかしたら今までただファッションに意識を向ける機会がなかっただけで、いざファッションに興味を持ち始めたら一気にオシャレになる人だっているんです。


「友達の多さ=素敵な人」じゃない!


出典:shutterstock.com


「友達の多い彼のことが自慢だったし、友達が多いからきっと信用できる人だと思ってたけど、結婚後、ただの見栄っ張りということがわかりました。友達?と思うような浅い付き合いでも誘われたら絶対断らないし、友達同士やってるフットサルの予定を何よりも優先したり。平気で私との予定をキャンセルしたり、こちらの迷惑も考えず休日に断りもなく友達を自宅に呼んだり。友達が多いことの代償はあまりも大きいです」(29歳・化粧品メーカー勤務)


友達が多い人は信用できる!みたいなこと、巷ではよく耳にしますが、結婚後は交際費は家計やお小遣いから捻出しなければならないので、夫が友人と出かければ出かけるだけ出費が増えるのも家計を苦しめる要因に。家事や育児は家にいる妻に任せて、のびのびと友達とあそぶ夫に不満を抱いてしまうことも多いよう。



出典:shutterstock.com


重要視するポイントを間違えていることで素敵な旦那様候補をみすみす逃してしまっているかも。こうした条件にはあまりとらわれず、本当に自分が幸せになれる人をきちんと選んでくださいね。