のっぺり顔&顔デカコンプレックスをメイクで解決!顔の大きさをカバーするメイク術

2017.02.13

日本人なら誰もが抱えているのっぺりとした平坦な顔の形や大きさのお悩み。
鼻が低いためにメリハリがなく、顔の印象が薄く見えてしまったり、エラが張っていて顔が大きく見えてしまったりと、どうしようもない顔の形や大きさのコンプレックスを、メイクで解決する方法をご紹介します。



目の錯覚を利用して光と影を味方に


光と影、つまりハイライトとシェーディングを使えば、簡単に顔の凹凸を演出することができちゃいます。ここではパーツ別のやり方をピックアップ!
ー鼻を高くみせる方法
鼻が低いために顔がのっぺりと見えてしまうお悩みには、鼻筋のサイドから眉下にかけてシェーディングを濃いめに投入し、指で外側に向かって馴染ませます。そのあとで、ハイライトをTゾーンにオン!鼻筋に光が集まり、角度によって凹凸がはっきり見えるようになります。


ーおでこを狭める方法
おでこが広いために顔が大きく見えてしまうお悩みには、おでこのラインにシェーディングを投入。
おでこを囲うようにシェーディングを塗り、内側に向かってぼかし、影を利用しておでこを狭めます。
そうすることで、前髪をつくらなくても、顔の面積をけずることができちゃいます。


ー顔をシャープに見せる方法
丸顔で太って見えてしまう、エラが張っていて顔が大きく見えてしまうというお悩みには、顔をシャープに見せるためにシェーディングを一工夫させます。
こめかみから唇に向かって一本線を引き、指を使って周りと馴染ませていくことで、頬に影がつき凹みが演出できます。
そのあとで、目の下に逆三角形にハイライトを投入。シェーディングとハイライトを組み合わせて使うことで、自然な仕上がりになります。



詳しい手順は動画でチェック
https://www.cchan.tv/watch/ab67814377214a4a8303bd3c2a786264


パーツを大きく見せる


顔の大きさを手っ取り早くカバーする方法は、目や唇などのパーツメイクを一工夫させること。
ー眉
眉尻をいつもより長めに書くことで、平坦な顔にメリハリをつけることができます。顔の面積を狭める効果があるため、シュッとした大人な顔に見えちゃいます。
ー目
目元にインパクトがあれば目力が増し、小顔に見えること間違いなしですが、目元を濃くしてしまうと、今っぽいメイクとは縁遠くなってしまいます。
ブラウンアイラインで目尻を少し長めに書くことで切れ長に見え、顔のサイドを狭める効果が。
ー唇
唇を大きく見せることで、顔を小さく見せることもできるのですが、ただオーバーラインを引くだけでは不自然なたらこ唇になってしまい逆効果。
ほどよく唇を大きく見せるために、下唇のみオーバーラインを引くことで、顎のラインを尖って見せることができ、丸顔で悩んでいる人には◎。



顔の形や大きさの問題は「諦めるしかない」と思ってはいませんでしたか?
実は、普段のメイクに一工夫加えるだけで、簡単にコンプレックスを解消させることができちゃいます。
自分の顔の形や大きさにコンプレックスを抱いている人は、ぜひこのやり方を試してみて。
明日からのメイクが楽しくなること間違いですよ。



--- Ishijima megumi SNS ---
Makeup Movie CChannel
TwitterInstagramWEAR