何が違うの? アイシャドウを質感別で解説

2017.07.18


メイクの必須アイテムである「アイシャドウ」。さまざまなコスメブランドから発売しているマストアイテムだけど、質感や形状はさまざま…「一体なにが違うの?」といった疑問を解決!
今回は、アイシャドウの質感の違いやオススメの使い方などをご紹介します。

定番の「パウダーアイシャドウ」



つけ心地が軽く、1番使いやすい万能なアイシャドウが「パウダーアイシャドウ」。ですが、ものによっては粉飛びしやすく、くすみやすいのもたしか。時間が経つと、目の下に落ちてしまうなどのヨレのお悩みには、アイシャドウプライマーを使用したり、アイシャドウを塗布する前に、パウダーファンデーションを塗布しておくことで解決します。そのひと手間で、肌に密着して粉落ちしなくなるのでオススメです。


単色使いはもちろんですが、旬のグラデーションメイクが簡単に楽しめるのは「パウダーアイシャドウ」。

濡れまぶたに仕上がる「ジェル・クリームアイシャドウ」



カラーが均一になり、伸びがよい「ジェル・クリームアイシャドウ」。パウダーアイシャドウに比べて肌への密着度が高く、粉っぽさがないのが特徴。ですが、厚塗りをしすぎてしまうと、二重の線に入り、時間が経つとシワがよってしまうのがデメリット。それを防ぐには、なるべく薄く指でなじませるように塗布すること。
ジェル・クリームともに、しっとりとした質感で濡れまぶたが完成します。


【固形タイプ】指で塗布することで密着度が高まり質感がキレイに表現
【スティックタイプ】適量が1度で塗布できるため初心者向け

持やすくポーチインしやすい「ペンシル型アイシャドウ」


最近よく見かける「ペンシル型アイシャドウ」は、手を汚すことなくメイクが完成し、見たまま発色なのがいいところ。ポーチインしても割れる心配もなく、ペンを持つように使いやすいので、目の際までキレイに塗布できます。
ゴールドやピンクなどの淡いカラーは「涙袋メイク」として、ブラウンやブルーなど濃いカラーはまぶたに塗布して「デカ目メイク」に挑戦してみて。




ひとくちにアイシャドウといっても、形状や質感はさまざま。なりたい雰囲気に合わせて使い分けてみてください。トレンドのラメ系アイシャドウは指を使って塗布し、マットな質感のアイシャドウは、ブラシを使って塗布することで量を加減でき、つけすぎ防止にもなるのでオススメです。


--- Ishijima megumi SNS ---
Makeup Movie CChannel
TwitterInstagramWEAR