秋メイクへの切り替えポイントとは? 9月からは秋メイクへシフトチェンジ!

2017.09.12

9月からはファッションだけではなく、メイクも秋らしさを取り入れて。
いち早く、秋メイクを取り入れるだけで、あなたもオシャレ上級者さんの仲間入り♪
今回は、夏メイクから秋メイクに切り替えるための、押さえておくべきポイントをご紹介します。



ベースはマットでナチュラルに仕上げて


春夏トレンドだったツヤ肌メイク。秋からは、シックな雰囲気になるマットなベースメイクがオススメです。
顔全体をマット仕上げにするのではなく、ハイライトを部分的に使って、立体的に見せるのがポイント。
秋は、皮脂崩れよりも乾燥が気になる季節。スキンケアは怠らず、ベースづくりは丁寧に行ないましょう。



アイメイクは控えめに


・すっぴんの目元が濃い方は…
アイラインを引かずに、アイシャドウだけでアイメイクを完成させるのがオススメ。手抜きと思われないために、ベースや眉メイクはいつも通りに。程よい抜け感を意識して。

・すっぴんの目元が薄い方は…
アイラインを引かないと、やる気のない印象に見えるので、極薄アイライナーをまつ毛の生え際に仕込んで、目元をほどよく強調して。

・アクセントは控えめに
夏に使っていたラメアイテムは、秋は控えめに。真逆であるマットな質感をメイン使いすれば、メリハリのある目元を演出できます。



秋カラーのチークにチェンジ


秋は大人っぽくきめたい気分。夏に使っていたレッドやピンクなどの、血色感が強めなカラーから、ブラウンなどの大人カラーを選んで。若々しく見せるなら「オレンジ」がオススメです。



ダークカラーのリップで旬顔に


夏に使っていたビビッドなカラーのリップから、ダークトーンのリップへとチェンジして。
リップを秋カラーにするだけで一気に旬顔になるのでオススメです。



そろそろメイクも夏から秋にシフトチェンジ。深みのあるカラーで、落ち着いて見える秋メイクは、大人っぽく上品な雰囲気になれるのがいいところ。
「ツヤからマットへ」「ビビットカラーからくすみカラーへ」など、ポイントを押さえて、メリハリのある秋メイクに挑戦してみて。



--- MG SNS ---
Makeup Movie CChannel
TwitterInstagramWEAR