【ねこCafe日記 #3】恵比寿駅近すぐ。穴場の猫カフェ「ニャフェ・メランジェ」に♥︎

SIGN(サイン)

2016.12.11

猫を飼いたい欲求を解消する(!?)ために始まった猫カフェめぐりの旅。前回の池袋にある猫カフェ「MoCHA(モカ)ラウンジ 池袋東口店」に引き続き、やってきたのは恵比寿にある「ニャフェ・メランジェ」。


 

恵比寿駅徒歩3分! 老舗の猫カフェ「ニャフェ・メランジェ」

「ニャフェ・メランジェ」は猫ちゃんを抱っこしてもOK。もちろん、嫌がってなければですが。MOVIEのモデルをつとめてくれた千尋ちゃんに抱っこされているのはラテちゃん。


恵比寿に猫カフェがあることを知っていました? 実は恵比寿駅西口徒歩3分。駒沢通り沿いにある「ニャフェ・メランジェ」は、知る人ぞ知る老舗の猫カフェ。オープンしてから6年! 猫好きのお客様に愛され続けているのだそうです。


入り口を入るとシンプルな店内。大きめのソファーが3つほどあり、窓際にはカウンター席が数席。ちょうどこの日は天気も良く、温かい日が窓から差し込んでいて、とってもいい気分!


みんな自由気まま。“家族猫”が多いから仲良しこよし

肝心の猫ちゃんたちの様子はというと、びっくりするぐらい自由気まま(笑)。そこが定位置なのか、猫用のソファーに王様みたいに座っている子がいたり、日向ぼっこしながら寝ている子がいたり。


お店の人に聞くと、ここで働く猫ちゃんたちは「親子」や「兄弟」が多いのが特徴でみんな仲良し。確かに同じ猫用ベッドに2匹寝ていたり、猫が数匹かたまっている光景をたくさん目撃! 兄弟だったり、親戚同士だったりするのでしょうか。


かわいいのが、モデルの千尋ちゃんが猫用のエサ(¥100)を手にした途端にここぞとばかりに猫ちゃんが近寄ってくるんです(笑)。なかでも、いちばん、千尋ちゃんのそばを離れようとしなかったのがムーちゃん。カルピス(¥300)を飲みみながらくつろいでいた千尋ちゃんの横でエサをむしゃむしゃ、ペロリ。


「美味しい?」と笑いかけるものの、目の前のエサにしか興味がない模様(笑)。


靴のまま遊べるので楽チン! 気軽に立ち寄れる猫カフェ

この日は、小一時間ほど楽しんで退散。そう、言い忘れていたのですが、ここの猫カフェは靴のまま遊べるのも嬉しいポイント。猫カフェは靴をぬぐところがほとんどなので、珍しいですよね。ちなみに荷物は入り口付近のロッカーに各自預けることができます。

恵比寿駅から3分。この立地なら仕事帰りや友だちとの待ち合わせ前に「30分だけ…」と愛しの猫ちゃんにサクッと会いに行くのもあり? それかこの窓側のカウンター席で1日ゆっくり仕事をするのもいいなぁ…。アットホームで自分の家みたい(!?) 猫ちゃんたちと同じように自由気ままに過ごせるお店でした。(文・取材/SIGNちゃん)︎

SHOP DATA
ニャフェ・メランジェ
住所:〒150-0013東京都渋谷区恵比寿1-7-13 麻仁ビル恵比寿3F(恵比寿駅から徒歩3分)
営業時間:月~木12:00-20:00、金・土12:00-21:00、日・祝12:00-20:00
無休(年末年始除く)

料金について
【30分】 平日600円(土日祭日700円)
【60分】平1,000円(土日祭日1,200円)
【90分】平日1,500円(土日祭日1,700円)
【120分】平日2,000円(土日祭日2,300円)1ドリンク、ねこのおやつ付
【1日フリータイム】平日2,500円(土日祭日3,000円)フリードリンク、ねこのおやつ付


【SIGNちゃんプロフィール】
SIGN編集部のアシスタント。おしゃれと猫が大好きな24歳。平日は仕事に奮闘中! 週末は、付き合って約1年の彼とデートか友だちとショッピングなどなど。毎日を充実させたい24歳。


◆STAFF
Model Chihiro Yamada
Movie candee
Photo Kenichi Imamura(candee)、SIGN
Text SIGN

【ねこCafe日記 #1】入場料だけで人懐っこい猫ちゃんとずっと一緒♥︎ おしゃれ猫カフェ「MoCHA(モカ)ラウンジ 池袋東口店」
【ねこCafe日記 #2】見るだけで癒やされる♡ 池袋のオシャレ猫カフェの萌え猫MOVIE

SIGN(サイン)さんの最近のコーデ