【連載 はじめての同棲#3】みんなはどうしているの?インテリア編

SIGN(サイン)

2017.02.15


「大好きな彼と一緒に住む」というと幸せなことばかりを想像しますが、彼とはいってもすべて趣味が合うわけではありませんよね。一緒に暮らしていると、気になることもいろいろ増えるでしょう。その一つがインテリアです。
彼とインテリアの趣味が合わないときや、もともと彼が住んでいた部屋で同棲を始めるといったときに、どうやってインテリアをコーディネートしていけばいいのか考えてみます。

まずは相談することから。インテリアのテイストを決めましょう


二人で暮らす以上、どちらかの好みを相手に押し付けるようなことはやめましょう。男性の中には、あまりインテリアに興味がなく「お前に任せるよ」といった態度の人も多いかもしれません。
しかし、乙女チックな趣味が爆発した部屋に住みたがる男性はまずいませんし、「任せる」と言われたとしても限度というものはあります。
どちらか一方の好みを優先したインテリアを採用すると、もう一方に不満が残ります。のちのちのケンカの原因となるのを避けるためにも、少なくともどんなテイストのインテリアにしたいのかは話し合っておいた方がいいでしょう。
シンプルな感じにまとめたいとか、カントリー風にしたいとか、アジアン風にしたいとか、大まかなテイストを話し合ったりカタログをみて、気に入るものを確かめたりしておくと後々にケンカになることを避けることができます。

我慢できないと思ったことは、早めに言いましょう


もともと彼が住んでいた部屋で同棲を始めるようなときには、彼が部屋に置いてあるものに、あなたにとっては「これだけは許せない!」というものがあるかもしれません。
極端な例を挙げれば、アニメキャラのフィギュアが飾ってあったり、アイドルのポスターが貼ってあったりといったことです。こんなとき、彼に嫌われないためについ我慢をしてしまう人も多いかもしれませんが、不満を感じた心は消えません。
「これは我慢できない」と思ったら、早めに彼と話をして、妥協点を見つけるようにしましょう。例えばトイレだけは彼の好きなもので飾る、など。二人で仲良く暮らすためには、お互いに譲れるところは譲り合うことが大事です。あなたも彼も、無理な我慢をしないで自然体で暮らせる環境を目指してください。



インテリアというのは、お金の問題や家事の分担の問題などに比べると些細な問題と捉えがちです。「自分が我慢すればいい」と思ってしまう人もいるかもしれません。
しかし、部屋のインテリアというのは、毎日の生活の快適さに関わるものです。彼ともしっかり話し合って、二人が気持ちよく過ごせる部屋を作っていくようにしましょう。