#2 昭和レトロな雑貨に愛くるしい猫グッズ! 湯島の「王冠印雑貨店」【野崎萌香のテクテク下町散歩】

SIGN(サイン)

2017.08.24



女優/モデル・野崎萌香ちゃんと行く下町散歩。今回降り立ったのは、学問の神様が祀られる通称“湯島天神”でおなじみのエリア「湯島」。名所や旧跡も多く、その歴史を感じながら、のんびりと町歩きを楽しむことができます。

第1回目でお送りした分厚いふかふかホットケーキを楽しめる人気カフェ「みじんこ」。そこから歩いて約1分のところにあるのが、レトロ雑貨や猫グッズが揃う「王冠印雑貨店」です。



隠れ家っぽく佇むお店。そこに1歩足を踏み入ると…昭和レトロな雑貨や、ヴィンテージ感漂うアクセサリー、そしてたくさんの猫グッズで埋め尽くされています。



「眺めているだけで楽しいですね」と、店内のアイテムをひとつひとつ手に取りながら「何時間でも居ちゃいそう」と笑う萌香ちゃん。

聞くと、ここにあるアイテムは、すべて店主である海老原さんが、自らのセンスでセレクトしてくるもの。そして、まだ知られていない作家さんのアイテムや、他では出合えない珍しいデザインを取り揃えるのがこだわり。 「うちのお店に、わざわざ来て買う意味があるものをお店に置きたいんです」と海老原さん。実際、お店のファンも多く、遠方からわざわざ遊びにくるお客さんもとても多いのだとか。


歌川国芳のふんわり猫てぬぐいシリーズ「たこふぐ」¥648(税込)。リアルでちょっときもカワ!? な猫が描かれています。

確かに店内を見回すと、どれもこれもひとクセあるアイテムばかり。例えば、萌香ちゃんが手に取った手ぬぐいは、江戸時代の浮世絵師で猫好きとして知られたいた歌川国芳の絵を手ぬぐいにしたシリーズ。体をくねらせた猫たちが「たこ」「ふぐ」の文字を表現していて、なんとも渋可愛いアイテムです。


陶器屋スピコさんのハンドメイドシリーズ。写真左下
豆皿 各¥1,026(税込)、写真左上アロマポット各、一輪挿し用の花瓶(ねこけし)各¥1,026などが人気。

お店の奥には、ひょうきんな表情の猫が描かれた食器やアロマポットといった陶器がずらり。豆皿に1枚1枚丁寧に絵付けされた猫は、よ〜く見ると微妙に表情が違っていて、なんだか魂が宿っているかのように思えてきます。



「店内は物がぎっしりと並んでいるので、入った瞬間からとても楽しい気持ちになれるお店です。ここなら“自分らしいモノ”が見つかりそうで、ワクワクしてくる感じ! 猫が描かれた手ぬぐいやポストカード、箸置きなど1個1個がかわいくって、猫好きなら絶対オススメです」と野崎萌香ちゃん。

そして「昭和レトロっぽい猫アイテムがおしゃれ」と大絶賛でした。

“レトロ雑貨と古道具、ねこ多め”。この店のキャッチコピーに惹かれた方はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょう。キュン! とくる物にきっと出合えるはずです。

次回、  #3 PROPORTION BODY DRESSINGで巡る、湯島散策ファッションに続く

王冠印雑貨店
東京都文京区湯島3-4-2 佐藤ビルディング1F
電話 03-6806-0252
平日 12:00〜19:00 土日祝 12:00〜18:00
月曜定休
※変更になることがありますのでお出かけ前にご確認ください。
最新情報はブログ・TwitterInstagramでお知らせしております。

◆STAFF
Model Moeka Nozaki<Twitter><Instagram
Photo Noriyuki Fukayama
Hair&Make-up Cocoro Yusa(PEACE MONKEY)
Photo SIGN
Costume coordination PROPORTION BODY DRESSING(プロポーション ボディ ドレッシング)
Edit&Text SIGN