#4パワースポット「湯島天神」にお参り! 【野崎萌香のテクテク下町散歩】

SIGN(サイン)

2017.09.07



女優/モデル・野崎萌香ちゃんと行く下町散歩。今回訪れたのは下町エリア「湯島」の定番スポットともいえる“湯島天神”。

学問の神様・菅原道真公を祀るこの神社には、受験シーズンはもちろん、普段から学業成就を願う学生や、その家族で賑わいを見せています。また、梅の名所としても有名なこの神社には、菅原道真の愛した梅の花が、敷地内に約300本も植えられているのだそう。

気分転換に神社へお参りに行くことがあるという萌香ちゃん。「そういえば数年前に思い立って、日帰りで出雲大社にひとりで出かけたこともありましたね。そのときは、朝5時ぐらいの電車に乗って、夜7時に都内で仕事があったので、それに間に合うように帰ってきました(笑)」

ちょうどその時は、神無月と言われる旧暦10月。この月は、全国の神様が出雲大社に集合する月。各神社の神様がいなくなってしまうことから神無月と言われていますが、出雲地方のみは“神在月”。これに合わせてお参りに行ったのだそうです。

「神社にお参りに行くときは、その神社について調べて行くとより楽しめる」とも語っていた萌香ちゃんですが、湯島天神にはどんなスポットがあるのでしょう?




(編集部撮影)

入り口に佇む、銅製の鳥居は実物を見るとすごい存在感。昭和45年東京都指定有形文化財に指定されていて、とても古くて貴重なものなのだそう。

もうひとつは、この鳥居と拝殿の間にある手水舎(てみずしゃ)の近くにある「撫で牛」。自分の体調の悪いところと同じ部分を撫でるとよいと言われているそう。

その他、泉鏡花が感嘆したと言われる美しいと梅園や、本社神輿などの宝物類を展示した宝物殿(拝観料は一般500円、高校・大学生300円、小・中学生200円)、定番の合格祈願のお守りなど、見どころは盛りだくさんです。

ひと通り境内を巡ったあと、本殿にてお参りを。実は萌香ちゃん、今回の湯島天神は初参拝!



湯島天神は鈴がないので、お賽銭のあとに礼を2回、拍手を2回。そして神様にお願いごとを…。


—湯島天神、初めて訪れてみてどうでしたか?





「とても広々としていて驚きました。それとこんなに気温が高い日にも関わらず、なんだか気持ち涼しい気がします。さっき、鳥居をくぐったところで、すーっと心地よくてひんやりした風が通ったんですよね。神様がいるのかも?と思ってしまいました(笑)」

パワースポットとしても有名な“湯島天神”。ぜひ涼しくて心地よい風を感じに訪れてみてはいかがでしょう。

次回「#5湯島でそば打ち体験! 前編」へ続く。

湯島天満宮」(湯島天神)
東京都文京区湯島3-30-1
TEL 03-3836-0753


◆STAFF
Model Moeka Nozaki<Twitter><Instagram
Photo Noriyuki Fukayama
Hair&Make-up Cocoro Yusa(PEACE MONKEY)
Photo SIGN
Costume coordination PROPORTION BODY DRESSING(プロポーション ボディ ドレッシング)
Edit&Text SIGN