1000円台で買える! 美人スタイリストが教えるユニクロの最旬スカートの着回し術【ERIKOのおしゃれ相談室#17】

SIGN(サイン)

2017.10.12

出典:Shutterstock.com

今回はプチプラが嬉しいユニクロのスカートの着回し術をお届けします。手頃な価格で手に入るアイテムを、何通りにもコーディネートする“合わせるアイテム選び”のポイントをスタイリストのERIKOさんがレクチャーします。


着回しアイテムはユニクロのスカート


(編集部撮影)

「もともと撮影用に購入したユニクロのスカートですが、着回しやすいアイテムなので個人的にも着用したいと思っているアイテムです。裾の広がりがエレガントで、女性らしいラインが楽しめるマーメイドスカート。 素材も程よくハリがあって品のある風合いです。価格も下がっていて今なら1,393円(税込)! 着回しボトムとして手に入れるなら黒がオススメ」(ERIKO)


【合わせるアイテム1】 「ショート丈トップス」

(編集部撮影)

「スカートがハイウエストぎみなので、少し丈の短いトップスを合わせると簡単にバランスよくコーディネートがキマります。トップスとボトムのバランスを3:7くらいのイメージで仕上げるといい感じになりますね。スカートが黒の無地なので、シンプルなトップスもいいですが、写真のように後ろ側を結んだりするバックシャンなデザインのものを合わせてもいいと思います」(ERIKOさん)


【合わせるアイテム2】 「INしやすいトップス」

(編集部撮影)

「実はこのスカート、ウエストがギャザーになっているタイプではなくて、ゴムが裏側についているデザインなので、トップスをインしてもきちんと出せるんです。そこで、秋は薄手のリブニットなどを合わせてみてはいかがでしょう? ちなみにこのトップスもユニクロです。ボルドーやカーキなど、秋らしいカラーと合わせてシックなスタイルに仕上げるとプチプラ感が抑えられます」(ERIKOさん)<>


【合わせるアイテム3】 「ショートブーツ」

(編集部撮影)

「着るとフィッシュテールが鮮明に出るスカートなので、ショートブーツとも好相性です。スカートのフェミニンさを損なわないように、シンプルなデザインで履き口が細身のものを選ぶといいでしょう」(ERIKOさん)


オシャレを楽しみたいけれど予算はあまりかけたくない、という人は優秀な着回しボトムを手に入れるのが正解! ヘビロテするアイテムはぜひプチプラで手に入れて、賢く&お金をかけずに秋冬ファッションを楽しんでください。


※価格は10月9日現在のものです。


取材・文/Mie Arisumi

◆ERIKO◆
スタイリスト。フリーエディター&ライター。スタイリングエディターとして、2015年に独立。WEB媒体でのスタイリング、ライティングなど幅広く活動中。 (ananweb / nylon.jp / signof.me / iQONmagazine etc.)
ERIKO’s Instagram