盛りブラだけじゃない! 「ヌーブラ2枚重ね」「胸シェーディング」「脇肉マッサージ」おっぱいを大きくみせる方法10

SIGN(サイン)

2018.04.17

おっぱいが小さいのを好む男子もいるけれど、それにしたって胸が小さすぎる…。控えめバストで悩む人は、日々ぺちゃぱいをどうにかしようと試行錯誤しています。今回は、盛りブラだけじゃないおっぱいを大きく見せる方法10を考えてみました! 悩めるぺちゃぱいさんはぜひ参考にしてみてください。


まずは、盛れるブラ選びから

出典:shutterstock.com


1.ブラのサイズを見直す!

盛りブラを選ぶ前に、きちんと自分のサイズに合ったブラをつけていますか? 大きく見せたいからといって、大きめサイズをつけているとブカブカして逆に貧乳に見えていることも。


2.ストラップがしっかりしたブラ

ブラトップタイプではなく、調節できるストラップがついたブラを選びましょう。盛った胸を固定してくれる効果が期待できます!


3.アンダーベルトの幅が広いもの

おっぱいを下から支えてくれるアンダーベルト。幅が広いタイプの方が胸をしっかりと持ち上げてくれ、バストを大きく見せることもあるそう。ホールド効果も期待できるので、盛った胸を1日中維持してくれます。


4.カップタイプは3/4カップ

カップにはハーフ・フル・3/4とタイプが分かれていますが、ぺちゃぱいさんにおすすめしたいのは3/4カップ。このタイプは、胸の谷間が美しくできるタイプと言われています!


巷で噂のバストアップ法を試す!

出典:shutterstock.com


5.胸シェーディングでバストを大きく見せる!

胸の谷間がないなら、メイクでつくるのも1つの手段。ファンデやハイライトなど、普段使いのコスメでできる胸シェーディングを試す人も多いようです。


6.おっぱいマッサージ

リンパの流れもよくするマッサージは、バストアップ効果期待大。3日に1回でもいいので続けてやるとおっぱいが大きくなりそうです。


7.ヌーブラを重ねてバストアップ

ヌーブラはバストの底上げをしてくれるアイテム。特にシリコン製は柔軟で、使いやすいみたいです。重ねて使い、好みの大きさに盛ってみましょう!


毎日の食事で大きいおっぱいを目指すのもあり⁉

出典:shutterstock.com


8.大豆製品を取り入れる

バストアップに効果的とされる大豆類。大豆製品には、おっぱいを大きくするエストロゲンが豊富に含まれているのだとか。毎日の食事で意識的に取り入れると、巨乳が目指せるかも?


9.ボロンを積極的に摂取!

ボロンとは、エストロゲンに似た働きをする成分のこと。リンゴやキャベツ、レーズン、ナッツに多く含まれています。ボロンは熱に弱いので、効果を高めたいなら加熱調理なしで摂取してみて。


10.動物性たんぱく質

大豆にもたんぱく質は含まれていますが、おっぱいを大きくするには動物性たんぱく質も必要なのだとか。鶏肉や卵、チーズなどに含まれている動物性たんぱく質も摂取して、バランスのよい食事を心がけてみてはいかが?


出典:shutterstock.com

バストが小さいからといって諦めるのはまだ早い! おっぱいを大きく見せる方法はたくさんあるので、試せそうなものからチェックしてみましょう。