厚塗りはオバさん顔に…トレンド肌は軽やかさと素肌感!

SIGN(サイン)

2018.05.01

お肌をきれいに見せたくて、何重にもファンデーションを塗ったようなメイクをしていませんか? 厚塗りでつくった顔は、オバさんのような老け顔に見えてしまいます。今は素肌のような軽やかなお肌がトレンドです。オバさん顔とはもうさよなら! まるでメイクをしていない素肌のようなトレンド肌のつくり方をご紹介します。


コントロールカラーで透明感のあるお肌に

出典:shutterstock.com


ナチュラルな素肌感を出すには、ファンデーションの前にコントロールカラーを塗るのがポイントです。お肌の悩みは人それぞれ違うため、自分の顔色に合わせてコントロールカラーを選べば、肌悩みを自然にカバーでき、ファンデーションの色づきをよくしてくれる効果も期待できます。

血色がよく、健康的で明るい肌をつくりたいときには、イエローやピンクなどの暖色系がおすすめ。ニキビ跡や赤ら顔のカバーにはグリーン系のカラーが向いています。ブルー系は、肌の赤みを抑え澄んだ肌に見せる効果あり。パープル系は、日本人特有の黄色がかった肌色を補正したり、血色をよく見せてくれたりする効果があります。お肌に透明感を出したいというときには、ブルーやパープルなどの寒色系がおすすめです。


気になるところはコンシーラーでカバー

出典:shutterstock.com


ニキビ跡やシミ、クマなどは、コントロールカラーではカバーできないことがあります。肌トラブルが隠しきれないと、素肌感のあるメイクというより、メイクをしていないような印象を与えてしまう可能性があるため、コンシーラーでカバーしましょう。

ニキビ跡やシミの気になる箇所にコンシーラーをちょんちょんと置き、外側から指を使ってトントン叩いてなじませます。仕上げにスポンジを使い、他の肌部分と違和感がないようになじませるといいでしょう。コンシーラーを使うときには、広範囲に塗るのではなく、最小限のポイント使いをすることが重要です。

カラーは、自分の肌色よりもワントーン明るいものを選びましょう。


仕上げにパウダーを薄塗り

出典:shutterstock.com


きれいな肌に見せたいあまり、必要以上に肌をカバーしてしまっては、素肌感や透明感のあるお肌からはどんどん遠ざかってしまいます。ベースメイクの仕上げであるパウダーファンデーションやフェイスパウダーを薄めに塗ることが、トレンド肌をつくる最後の仕上げです。

フェイスパウダーを選ぶときには、粒子が細かいものやパールが入っているものを選ぶと、より透明感のある肌を演出することができます。大きめのブラシを使い、頬や目の下、Tゾーンに軽くのせるのがポイントです。

さらにハイライトで、Tゾーンやあご、Cゾーンに光をプラスすることで、顔全体に立体感が生まれパッと明るい印象を与えることができます。


出典:shutterstock.com


メイク方法を少し変えるだけで、簡単にトレンドの軽やか素肌感メイクを完成することができます。もしかして、わたしオバさんメイクだった!? と心当たりのある人は、トレンドの薄塗りメイクにチャレンジしてみてはいかがですか? まわりからの印象もグッと変わるかもしれませんよ。

SIGN(サイン)さんの最近のコーデ