頑張ったのに…「サプライズは苦手」という男子多し! 彼氏が彼女にされてどん引きしたサプライズ10個

SIGN(サイン)

2018.06.14

ふたりにとっての記念日や、彼の誕生日にとっておきのサプライズを用意している、という彼女は多いのではないでしょうか。でも、ちょっと待ってください! そのサプライズ、実は彼どん引きかも…。今回は、彼女にされてどん引きしたサプライズを、社会人の彼氏たちから聞いてみました。10のエピソードを紹介します。


■まわりを巻き込むサプライズ

出典:shutterstock.com


「なんのサプライズだったのかわからないけど、知らない番号から俺のスマホに着信。どうやら彼女が手配したらしいんです。サプライズはうれしいけど、俺の番号を他人に教えないで欲しい」(23歳/SE)


「彼女から告白を受けて、もちろんOK!幸せな気分でレストランを出たところで、彼女の友だちがクラッカーをもって“おめでとう!”と待ち構えていました…。俺は知らない人だし、祝福されてもうれしくない」(26歳/営業職)


「俺のスマホを見て、俺の友だちに片っ端からサプライズの協力を仰いでいた元彼女。誕生日パーティにみんなを招待したかったそうだけど、スマホを見るなと言いたいし、呼んで欲しくない友だちもいるし、あれはやりすぎだった」(24歳/営業職)


■恐怖のプレゼントサプライズ…

出典:shutterstock.com


「これでどん引きって言ったら失礼なのかもしれないけど…。誕生日のサプライズプレゼントが、手編みセーターだった。着ないといけないけどデザイン微妙だし…困りました」(25歳/販売員)

「特殊なサプライズかもしれないけど、誕生日プレゼントが家。かなり立地のいいマンションの一室だった。プロポーズのつもりだったのかもしれないけど、なんか怖くて別れちゃいました」(28歳/美容師)


「I LOVE 彼女の名前っていう刺繍が入ったお手製のパンツを、サプライズプレゼントでいただきました…。あの時の俺は、うまく笑えていたのか自信がない」(26歳/SE)


「手作りケーキのなかにブランドもののジッポケースが入っていた。サプライズだけど、こんな高いものをオーブンで焼いたのか!?と、どん引き」(27歳/メーカー勤務)


■行動力はスゴイ! サプライズ

出典:shutterstock.com


「クリスマスの日、俺のマンションの窓から彼女がサンタの格好してやってきた…。屋上からロープを使って降りてきたらしい。事故にならなくてよかったけど引いた」(24歳/銀行員)


「俺のために自作の曲をプレゼントしてくれた。スタジオを借りて録音までして、CD化!なかにはうれしい人もいるかもしれないけど、やりすぎ感はありましたね」(26歳/営業職)


■なかにはこんなほっこりエピソードも

出典:shutterstock.com


「どん引きじゃないけど、彼女の失敗サプライズ。俺のいる前で、誕生日サプライズの予約をお店に問い合わせていました。バレた!と気づいたときの彼女の顔、可愛かった」(26歳/美容師)


出典:shutterstock.com


彼どん引きのサプライズ、いかがでしたか? もしかして似たようなサプライズを計画しているあなた。サプライズは彼をちょっと驚かせるくらいにして、やりすぎはほどほどにしましょう。

SIGN(サイン)さんの最近のコーデ