ムダ毛処理どうしてる? 「セルフの除毛クリームで失敗…(涙)」を避ける方法とみんながしてるムダ毛処理法

SIGN(サイン)

2018.06.22

露出が増える季節になると手を抜けないのがムダ毛処理。自信を持っておしゃれを楽しめるツルツル肌に憧れるけど、どうやって処理すればいいのでしょうか? 今回は、ムダ毛の処理方法別に、それぞれの特徴を見ていきましょう。


■手軽に処理できる! カミソリで剃る方法

出典:shutterstock.com


「1番手軽なムダ毛処理方法だと思います。せっけんやクリームですべりをよくしてから使う、剃ったあとはきちんと保湿する、といったことに気をつければ大丈夫なんじゃないかな」(26歳/薬剤師)


カミソリのすべりや保湿に注目して、肌への負担をなるべく少なくしましょう。カミソリの動かし方によっては切傷ができる可能性もあるので、お手軽な処理方法でも慎重に行うことが大切です。


■剃るより長持ち!? 毛抜きで抜く方法

出典:shutterstock.com


「脇は毎回抜いて処理します。手足ほど範囲が広くないし、私の場合抜いたら3日はいけます」(28歳/販売員)

ムダ毛を繰り返し抜いていると、埋没毛になって仕上がりの美しさに影響がでることもあります。カミソリで剃るよりは長持ちするかもしれませんが、ムダ毛の処理方法として定番化させるには向かないようです。


■ツルツル肌に仕上がる⁉ 除毛クリームを使う方法

出典:shutterstock.com


「セルフで除毛クリーム使うと失敗しそうなイメージだったんですが、友だちに借りて使ってみるときれいに処理できてびっくり!肌が荒れるという話も聞きますが、モノによるんだと思います」(26歳/保険営業)


除毛クリームは肌への刺激が強いのが特徴。種類や使うタイミングによっては肌トラブルにつながることもあります。使う前に必ずパッチテストを行うことで、失敗のリスクを減らしましょう。


■ムダ毛が薄い人ならアリ! 脱色

出典:shutterstock.com


「剃ると高確率でカミソリ負けします。もともと毛が薄くてやわらかい体質なので、基本的には脱色でしのぐようにしてます」(25歳/事務員)


脱色も除毛クリームと同じように、肌トラブルを起こす可能性があります。パッチテストは忘れずに行い、使う薬剤やタイミングの見極めも必要。また、ムダ毛が濃い、硬い人に向かないという点では、誰もが使える処理方法ではないようです。


■安全に処理できる! エステに通う方法

出典:shutterstock.com


「私はエステで処理する派です。たしかにお金はかかるけど、仕上がりの美しさが全然違います。自分への投資だと思って、そこはお金かけるとこだと割り切ってます」(26歳/美容師)


エステは通う手間や料金が気になるという意見もありますが、セルフでのムダ毛処理に比べて失敗の可能性が低く、美しく仕上がります。より安全に美しいツルツル肌をゲットしたいなら、プロの手を借りる方法も考えてみましょう。


出典:shutterstock.com


みんなが実践しているムダ毛の処理方法には、それぞれメリット・デメリットの両方があります。失敗の可能性もふまえた上で、自分に合う処理方法を選ぶことが大切です。