国際線の飛行機の中からテーマパークのトイレまで! 告白! 「ちょっと意外なところでしちゃったエッチ」

SIGN(サイン)

2018.07.15

夏は開放的になってしまう季節! 皆さんも、「ひと夏のアブナイ経験」1つや2つ、あるのでは? そこで今回は、SIGN女子の「私、実はこんなところで…」なエピソードをご紹介します


出典:shutterstock.com


■国際線の飛行機で…

まずは、メーカー勤務のAさん(26歳)の体験談から。


「去年の夏休みに1週間、シンガポールへひとりで旅行に行きました。そこで偶然会った日本人男性と意気投合。行動を共にすることに。だんだんと私はその人のことが、いいな…って思うようになったんです。でも、私には日本に彼氏が。淡い恋心で終わらせようと、あえて連絡先も交換せずにさよなら。するとなんと、帰りの飛行機の座席が、彼の隣!ふたりで話しているうちに、どうしても堪え切れなくなって「彼氏がいるけど、あなたのことが気になってしょうがなくなっちゃって…」と告白。すると彼が「俺も…」と言ってくれ、飛行機内で、人目を気にしながらイチャイチャしちゃいました」


一期一会の出会いがもたらしたエピソードですね。期間限定の秘密の恋、きっと一生忘れられないはず。


■テーマパークのトイレで…

続いてご紹介するのは会社受付Dさん(25歳)のエピソード。


「去年の夏、彼氏と某テーマパークへと遊びに行ったんです。すごく暑い日だったから、ノースリーブのシャツにショートパンツというコーデでした。すると彼が『今日、なんだかセクシーだね』ってソワソワ。その後、とあるアトラクションで結構水をかぶっちゃって、全身ずぶぬれ!ノースリーブが体に張りついてボディラインがあらわになった私を見て、彼氏が『もう我慢できない』って。その後トイレに連れ込まれて…」


思わぬところでスイッチオンしちゃった彼氏。これもきっと夏の暑さのせいかもしれませんね。


■誰もいない海岸で…

最後にご紹介するのは、歯科衛生士のMさん(24歳)のエピソード。


「彼氏と1泊旅行をしたときのこと。宿泊したホテルの目の前が、ビーチだったんです。夕食を食べてから、彼氏と砂浜を散歩することに。空を見ると満天の星空。波の音のBGMがとってもロマンティックで…。周囲に誰もいないことを確認すると、突然彼が私を強く抱きしめてキス。そのまま砂浜へと押し倒されました。なんだか幻想的で、素敵な思い出になりました」


非日常の空間が、2人を開放的な気分にさせるのかもしれません。素敵な旅行になったようで何よりです。


出典:shutterstock.com


3者3様のラブラブエピソード、いかがでしたか? 夏の魔法にかかったロマンティックなエピソードばかりでしたね。今年の夏の体験談、主役はもしかしたらアナタかもしれませんよ♡

SIGN(サイン)さんの最近のコーデ