浴衣の下着ってどうするの? ノーブラ? ノーパン? 浴衣を着るときのみんなの下着事情を聞いてみた

SIGN(サイン)

2018.08.12

8月は浴衣を着て行きたいイベントが盛りだくさん! 8月24日~26日に開催される六本木ヒルズ盆踊2018や、7月6日~9月24日まで楽しめるアートアクアリウムなどに浴衣を着て出かけたい人もいるのでは? そこで今回は、みんなが気になる浴衣の下に着るものについて紹介します。


正統派はこれ! 着物用の下着

出典:shutterstock.com


和装ブラジャー

「胸が大きい方なので、ブラジャーをつけずに浴衣を着ると品がなくなってしまうのが悩みでした。はだけないか気になって、デートを楽しむどころではなく……。和装ブラジャーを使うようになってからは、すっとした着姿に心なしか背筋も伸びた気がします」(27歳/会社員)


浴衣も着物も、胸元がすっきりしている着姿が美しいとされています。普段身につけているブラジャーは、バストをきれいな形に見せたり、ふくらみをサポートしたりする機能を備えているため、和装の場合は、かえって逆効果と言えるでしょう。浴衣を着るときは、ノーブラか、和装ブラジャーを使ってすっきりした胸元をつくりましょう。


和装ショーツ

「自分で着つけることができないので、浴衣を着るときはいつも美容院に行っています。浴衣の着つけも、ヘアセットもばっちり!わくわくしながら花火大会や盆踊りに繰り出すのですが、毎回困るのが、自分で直せないトイレの後の着崩れ。美容師さんに相談したところ、股が割れている和装ショーツの存在を知りました。正直、デザインはあまり気に入っていませんが、背に腹は代えられない!着つけの直しができない私でも、安心してトイレに行くことができるようになりました」(25歳/公務員)


長襦袢を着用せず、生地も薄手の浴衣は、着物よりもショーツの線がわかりやすいため、浴衣を着るときは特に和装ショーツをおすすめします。


家にあるものでなんとかしたい! 代用品の紹介

出典:shutterstock.com


・スポーツブラ

「年に1回着るか着ないかのために和装ブラジャーを買うのはもったいないので、ヨガ教室に通うときに使っているスポーツタイプのブラジャーを使っています」(30歳/看護師)


胸のボリュームを抑える効果のあるスポーツブラジャーは、和装ブラジャーの代わりとして使うことができます。気をつけたいのは、色です。白い浴衣に黒や紺のスポーツブラジャーは透けてしまうのでもちろんNGですが、意外と透けるのが写真のように真っ白なもの。白い浴衣を着る場合は、ベージュのスポーツブラジャーを着用するとよいでしょう。


・Tバック

「いつも着ているショーツだと下着の線が透けてしまうけど、和装ショーツはデザインが好みじゃないのでつけたくない……。そんな話をしていたら、お茶を習っている友人にTバックを勧められました。普段履かないので、最初は抵抗があったけど、確かに下着の線は透けるはずがない!今は浴衣を着るときは必ずTバックを用意しています」(28歳/アパレル関係)


意外な組み合わせかもしれませんが、Tバックは和装の下着として多く使われています。和装ショーツよりも手に入りやすいのが嬉しいですね。


出典:shutterstock.com/small>


浴衣をきれいに着るために、気をつけたいポイントは2つ。すっきりした胸元と、ヒップの下着ラインです。和装下着やスポーツブラジャー、Tバックなどを使って、美しい着姿を手に入れましょう!