「見た目お嬢様なのにご飯の食べ方が汚い…」男が幻滅した「本命落ちした悪いギャップ」エピソード5個

SIGN(サイン)

2018.10.17

男子は大なり小なり女子に対して理想を持っているものです。その理想に反して、女性が行う言動に幻滅してしまったことが一度や二度はあるもの。男子が本命女子に幻滅してしまった、悪いギャップエピソードを5つご紹介します。



出典:shutterstock.com


■見た目お嬢様なのに…

「昔付き合っていた彼女はお嬢様女子高に通う、お金持ちの家の女子。見た目も清楚系で、身に着けてるものもいつもブランド物ばかりでした。付き合って初めて夜ご飯を食べに行くことになり、彼女のセレクトで高そうなイタリアンに行ったんです。食事を始めるとビックリ! 彼女の白いワンピースがトマトソースで汚れまくっていて、食べ方が汚かったんです…。正直見た目とのギャップに唖然とした出来事でした」(24歳/バス運転手)


■感じ良いで評判な子なのに…

「男友だちに感じがいいことで評判な女子を紹介されて、次第に仲よくなり付き合うことになったんです。付き合いたては何一つ文句のない彼女だったんだけど、徐々に気になる点が…。彼女自身気づいてないけど、1日に何度も舌打ちするんです。癖だから仕方ないとはじめは思っていたんだけど、あまりにもひどくて毎回気になるまでに…。性格もいいし、周りにも愛されキャラなだけに、舌打ちをする癖は引いちゃいましたね」(25歳/建築業)


■見た目キレイなのに…

「僕の彼女は誰が見てもモデル級に美人なんです。でも彼女、見た目と反して中身はおじさん…。家にいる時は半裸状態であぐらをかいてご飯を食べるし、寝ながら平気でオナラするし、トイレのドアはしめない、女らしさの欠片もない人でした。見た目だけで選んだ僕も悪いけど、本命から一気にランク外に落ちた悪ギャップ女子でした」(24歳/アパレル店員)


■会社ではバリキャリなのに…

「会社で成績優秀のバリキャリ彼女。同じ部署にいる僕にとって彼女はキラキラしていて、憧れの女性でした。付き合って数ヶ月経ったころ初めて彼女の家に行ったんです。なかなか家に呼んでくれないから、僕が押しかけたようなもんだったんですが、その理由が家に入った途端に明らかになりました。彼女片づけられない人だったんです。玄関まで溢れんばかりのゴミ。部屋は服だらけ…。会社であんなに仕事ができるから、きっと家もしっかりしているんだろうなと思っていただけに、幻滅の一言でした」(26歳/営業)


■天然キャラで可愛い系女子なのに…

「高校の同窓会で久々に会った彼女は、天然キャラが可愛い女子。付き合ってもそのキャラは愛しさを増すばかりで、大好きな彼女でした。ある日同級生の女友だちにばったり遭遇し、話しをしていると『あの子男の前では天然キャラだけど、女の前では別人だから気をつけなよ』と言われたんです。話をよく聞くと『女友だちには僕のことを、天然ぶってればなんでも言うことを聞く男』と言っているようで、僕は唖然…。見抜けなかった自分にショックでした」(23歳/バーテンダー)



出典:shutterstock.com


男性が女性に幻滅する瞬間は、あまりにも表と裏に差が生じてしまった場合! 見た目が美しいのに、付き合って深く彼女を知ると女性らしさがない人だったなど、勝手なイメージが邪魔をしてしまうこともあるようです。男女ともに本命の相手に対し幻滅されない・しないようにするためにも、相手をそのまま受け入れることが大切なのかもしれませんね。