脱地味!「真面目過ぎ」にみせない白シャツ・白トップスの着こなしポイント4つ

SIGN(サイン)

2018.11.01

シンプルで使いやすさが魅力の、白系トップス。しかし、「おしゃれに着こなしたいのにどうしても真面目な印象になってしまう...」と悩む女性も、少なくありません。そこで今回は、白シャツを着ても地味にならない、とっておきの着こなし術をご紹介! 着回し力抜群の白シャツ・白トップスを、上手に使っていきましょう。


花柄スカートとカーディガンをプラスしてフェミニンに


出出典:https://wear.jp/


白シャツの“きちっと感”を適度に残しながらも、全体的にフェミニンな印象にまとめたこのコーデ。黒の花柄スカートの存在感を生かすことで、白シャツの優等生なイメージを抑えています。肩からかけたグレーカーディガンが、コーデのまとめ役に。白シャツを取り入れながらも、女性らしさを引き立てた技ありコーデです。


ビスチェを使って優等生感をなくす


出出典:https://wear.jp/


ビスチェは、白トップスの優等生感をなくすのにもってこいのアイテム。コーデの雰囲気を決める役割も果たしてくれるので、いつも同じコーデになってしまうというかたにも、おすすめしたいアイテムです。ボトムスには、プリーツスカートを合わることで、クラシックかつカジュアルな印象に。印象をガラっと変えてみたいというかたにも、おすすめのコーデです。


スウェットパンツでスポーティーにキメる


出出典:https://wear.jp/


シンプルな白トップスに、ストライプのスウェットパンツを合わせた、スポーティーなコーデ。真面目な雰囲気が漂いがちな白シャツも、スポーティーなアイテムを組み合わせることで、カジュアルに使うことができます。使い方が難しいスウェットパンツも、ストライプ柄なら、1枚でコーデの主役に。淡いブルーのパーカーを羽織れば、全体がさわやかな印象になります。


サロペットで簡単カジュアルコーデ


出出典:https://wear.jp/


白シャツや白トップスを、手っ取り早くカジュアルダウンできるアイテムとしてご紹介したいのが、1枚でコーデが完成するサロペット。カジュアル色の強いアイテムなので、かっちりした白シャツでも、サロペットにインするだけで、真面目な雰囲気を払拭することができます。足元はスニーカーでキメるのが、サロペット×白シャツ・白トップスを着こなすコツです。



出典:shutterstock.com


白シャツ・白トップスでさわやかコーデをつくろう
シンプルの代名詞ともいえる、白シャツ・白トップス。真面目な印象を抑えるには、合わせるアイテムにどんなものを取り入れるかがポイントとなります。手持ちのものでも、簡単におしゃれコーデが完成するケースがあるので、さっそくトライしてみてください。