今はやさしいけど…結婚したらモラハラ夫になる男の見抜き方5つ

SIGN(サイン)

2018.10.27

モラルのない発言や行動を行うことをモラハラと呼び、今さまざまなシーンで問題になっています。結婚前は何も感じなかったのに、結婚したらモラハラ夫になったなんてことも少なくないようです。付き合っている段階で要チェック! モラハラ予備軍を見抜くモラハラ男の特徴をご紹介します。



出典:shutterstock.com


■他人に攻撃的

モラハラ予備軍の大きな特徴の1つが、自分には甘く、他人には攻撃的であること。自分のことを正当化しようとしている人が多く、自分の考えに沿わない人に対して異常な嫌悪感を持っています。例えば運転中、他人の車が自車の前に車線変更をして割り込んできた際、異様なまでにクラクションを鳴らして威圧したりする男性は、モラハラ予備軍の可能性大! 他人に攻撃的な男性は要注意です。


■女性に差別的

この時代になっても、男尊女卑をする男性は少なからずいるようです。そんな男性はモラハラ予備軍! 男はこうあるべき、女はこうあるべきという固定概念が、徐々にモラハラに繋がっていく傾向にあります。女性に対して「だから女は」や「女を武器にして」など、女をやたらと強調して文句を言う男性は要注意です。


■異様な自信過剰

自信過剰なタイプの男性も、モラハラ予備軍の可能性があります。モラハラを行ってしまいがちな男性は、とにかく自分が正しいと考えがち。特にその自信過剰な考えを態度に出してしまう人は危険です。付き合っている際に自信過剰が異常だなと感じた際は、モラハラ予備軍であることを意識したほうがいいかもしれませんね。


■見下した態度をとる

お店で店員に横柄な態度をとる男性は、モラハラ予備軍の可能性大! お金を払っているのだから、お店の人に上から目線で対応してよいと考える男性は大いにモラハラの素質を持つ人間性です。そもそも人を平等に見れていない段階で、モラルのなさを感じてしまいます。他人に対して見下した態度をとってしまう男性は、モラハラ予備軍の筆頭です。


■自分が悪いと思っていない

モラハラ男性を見抜く方法の1つに、謝らないという特徴もあります。とにかくモラハラを行う人は、自分が悪いことをしたという概念が薄く、自分自身を正当化することが得意! そのため些細なケンカでも、謝ってくることはありません。また人のせいにすることも特徴。自分が悪いと感じていない男性には、モラハラ予備軍であることを意識せざるを得ません。



出典:shutterstock.com


モラハラをしてしまう男性の特徴は実は早い段階から見抜くことができる、わかりやすい特徴ばかりです。自分の意見を推し通そうと意地になったり、他人にやけに厳しかったり、違和感を持ってしまうような言動が多いのが、モラハラ予備軍の特徴。彼氏の言動に違和感を感じる人は、モラハラ予備軍を疑ってもいいかもしれません。