「彼氏に二重あごの肉をつままれた…」やせなきゃヤバい!女子がダイエットを決意する瞬間3つ

SIGN(サイン)

2018.10.27

なんとなく太った気がするけどまだ大丈夫なはず! と自分に言い聞かせている人はいませんか? 鏡を見て少し顔のお肉が気になったり、履いていたデニムがちょっときつくなったり太った実感はあるけど見てみぬふりをしてダイエットを決意できないという人もいるのではないでしょうか。今回は、同じように現実逃避していたけど、ついにダイエットを決意した! という女の子に話を聞いてみました。


去年の服が着られなかった


出典:shutterstock.com


「去年の秋に買ったお気に入りのパンツ。今年も履きたくて出したんですけど、いざ履こうと思ったら太ももがパツパツ…それでも無理やり上まであげたんですけど、どうしてもウエストのボタンが閉まりませんでした。去年はゆとりもあったはずなのに1年でこんなに太った自分にがっかり。そこでダイエットを決意しました」(29歳/事務)


服が入らなくてダイエットを決意する女子はとても多いようです。お気に入りの服だとなおさら着られないのが悲しく、その分ダイエットに力が入るのではないでしょうか。体形の変化に気がついた人は、少し前の服を着てみてはいかがですか? ダイエットを決意するきっかけになるかもしれませんよ。


友達との写真で自分のブスさにびっくり


出典:shutterstock.com


「友だちと旅行に行ったときの写真をみんなで見返していたとき、みんな可愛いのに自分だけ顔がまん丸でびっくり。どの写真もみんなの引き立て役みたいになって落ち込みました。そういえば少し前に彼に二重あごの肉をつままれて、太った? って言われたんだった…その日絶対痩せてやる! と心に決めました」(31歳/介護士)


毎日見る自分の顔は、なかなか太ったということに気がつきにくいもの。しかし、友達と並ぶと嫌でもその変化を目の当たりにさせられます。悪い意味で目立つのは、女の子として悲しすぎますよね。自分ひとりではなかなかダイエットの決意ができない人は、友だちや彼氏から喝をいれてもらうのもいいかもしれません。


足がパンパン!むくみではないことが発覚


出典:shutterstock.com


「ある日ふと足を見たときに、足の甲の骨が出ていなくて血管も全く浮き出ていなかったんです。立ち仕事ということもありむくんだのかな、とマッサージしてみました。何日か続けたけど全く改善せず、やっとこれはむくみではなくて太ったんだとわかりました。そこからダイエットの日々です」(25歳/アパレル)


足の太さを気にしてダイエットする女子は多いのではないでしょうか。足が細い人を見て、あんな体形になりたいと憧れることもよくある話です。足は自分も他人もよく目につく部分。足がほっそりするとモチベーションもあがるので、ダイエット中はとくに意識してみてください。



出典:shutterstock.com


ダイエットは苦手な運動をしたり大好きなスイーツを我慢したりとマイナスなイメージがあり、なかなか決意できないかもしれません。しかし、ダイエットを頑張れば理想の自分に近づけますよ。今回のエピソードを参考に、体のお肉が気になる人はダイエットを始めてみてはいかがですか?