ウザすぎる…結婚した友達のイラッとくるインスタ3つ

SIGN(サイン)

2018.10.29

結婚したり子どもができたりして幸せなのはいいけれど、その幸せをあまりに発信されすぎると、イラついてしまうこともあるもの。特に、発信している本人はおもしろいと思って投稿しているものほど、イライラ度がアップしていきます。そこで今回は、結婚した友達がインスタにアップした投稿で、イラっときたものを3つご紹介。あるあるエピソード続出で、思わず笑ってしまうものも登場します。



出典:shutterstock.com


■新婚旅行の様子をストーリーにやたらとアップする

新婚旅行の様子をリアルタイムで伝えようと、ストーリーを駆使する人は意外と多いもの。24時間経てばフォロワーからは見られなくなるので、気軽にアップして楽しむケースも多くみられます。しかし、気軽に投稿できるからこそ、アップしすぎてしまうのもストーリーのあるある。最初は「新婚旅行いいなー」と思いながら見ていても、更新の頻度が高くなってくると、「もう飽きた」となるのは、言うまでもありません。なかにはテンションが上がりすぎて、芸能人並みにストーリーをアップする人も。ついつい発信したくなる気持ちもわかりますが、発信のしすぎは見ている人のテンションを下げる可能性があることを、しっかりと頭に入れておかないといけません。


■品数が多すぎる食事内容の写真を毎日更新

自分の手料理を、写真におさめてインスタへ投稿する女性も、少なくありません。そんな女性によくあるのが、品数豊富な食事内容を、頻繁に更新すること。ただ更新するだけでなく、「今日は手抜き料理です! 」などと言いながら、手抜き感ゼロの種類豊富な料理をアップするのです。「私、忙しくてもちゃんと料理してるのすごいでしょ? 」と言わんばかりの投稿は、見るものの心をイラっとさせるだけ。記録代わりにインスタへ食事内容の写真をアップする人もいますが、品数が多すぎる写真は、あまりよい印象を与えないということも頭に入れておきましょう。


■子育ての悩みは必ず長文

結婚をしたあと、初めての子育てに悩みを抱える女性も多いもの。子育てで感じる不安や悩みを、インスタへの投稿に書き込むケースも少なくありません。しかし、なかには子育てに関する悩みごとを、つらつらと長文で書き込む人も。頻繁に更新される長文の投稿に、嫌気がさしてしまうのも珍しいことではないのです。「私、子育て頑張ってるでしょ? 」感をアピールしているだけのような投稿は、フォロワーの気持ちをイラつかせてしまう原因にもなります。また、“長文”というところも、見る側の心をざわつかせてしまうポイントに。長文の投稿には“かまってちゃん”な雰囲気が漂うので、自分自身がそのような投稿をしてしまわないよう、気をつけましょう。



出典:shutterstock.com


インスタは誰が見ても楽しめるものを投稿しよう
たくさんの人が、投稿を見ることのできるインスタ。幸せオーラを放ちすぎてしまうと、まわりの人たちにウザがられてしまう可能性があります。日記代わりにならないよう注意しながら、誰が見ても楽しめるような写真を投稿しましょう。