結婚後“いい旦那さん”になる男性の特徴って?

2018.07.17

彼って結婚したらどんな感じ? いい旦那さんになってくれるのでしょうか。これって気になるけれど、いったいどこをチェックしたらいいのか…。結婚後いい旦那さんになる男性の特徴をまとめていきたいと思います。


いい彼氏といい旦那は違う?

出典:shutterstock.com


たくさんプレゼントをくれて甘やかしてくれて、意見を聞いてくれて…などなど彼氏としては優しくて最高な男性っていますよね。しかし、それが旦那ともなると話は別。お金の管理ができない、何でもいいとしか言わない、自分の意見がないなど、モヤモヤしたりイライラしたりする原因になることもあるんです。今がいい彼氏だからといって、必ずしも結婚後いい旦那さんになるというわけではないんですね。


結婚後いい旦那さんになる男性の特徴

出典:shutterstock.com


■家事スキルがあってやることに抵抗がない

ひとり暮らしをしたことがある、基本の家事ができるなど。できるだけでは意味がありません。「これはやっておくね」と自分から言ってくれるかどうかが大切。普段から「洗濯しておいて」なんてタイプは危険かも! 彼の家事スペックについて知るためにも、おうちデートや同棲でしっかり見極めるのがオススメ。共働きなのに自分ばかり家事を押しつけられる、なんてことにならないためにも見極めは重要です。

■温厚でおおらか

イライラしても彼が聞き流してくれると喧嘩にならないんです。すぐ怒るタイプの彼は、結婚後うまくいかないかもしれませんね。トラブルがあったときも穏やかに対応してくれそうな温厚な性格は◎結婚するなら断然おおらかなタイプが人気です。彼氏としては少し物足りなくても、旦那さんとしてはかなりよさそうです。

■細かくない

マイルールがある人は厳しいかも。掃除なども「できるときでいいよ」というスタンスの男性だとストレスになりません。独身が長いと生活の細かいルールが既にできてしまっており、結婚後一緒に生活していきづらいようです。あなたに完璧を求める男性には気をつけましょう。

■「ありがとう」が言える

感謝の気持ちを口にできない男性は、結婚後も変わらない可能性大。これは本来の性格というか、なかなか変わることが難しいものだからこそチェックしておくべし。将来的に子どもを持つことを考えると、ありがとうも言えない男性は厳しいですよね。

■亭主関白でない

「家事は女性がやるもの」と考えている男性にとって、なかなかその意識を変えるのは難しいもの。頼んでやってくれたとしても、どうしても「家事を手伝ってやった」と“手伝う”という感覚が抜けないみたい。その点「亭主関白なんて古いよ」という男性は、「協力するのが当たり前」という概念だから一緒にやっていく上でやりやすいんですね♡


出典:shutterstock.com


いかがでしたでしょうか? ぜひ彼のことをしっかり見極めて、いい旦那さんになってくれるかどうかチェックしてみてくださいね!