彼の好き嫌いをなくそう♡食べられるようになるマル秘料理テクとは?

2018.11.01


彼が偏食、好き嫌いが多いetc...。悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。健康のこともあるし心配だし何とか食べられるものを増やして欲しいですよね♡今回は苦手なものが食べられるようになるマル秘料理テクをお届けしていきます。

彼の好き嫌いに困っている女性たち



「出しても好きなものしか食べない」「文句を言われる」と女性たちの声が。毎回つくるものが限られてしまいますし、つくっても文句を言われるのは嫌ですよね。まして結婚を考えているなら好き嫌いは何とかして欲しいところ。彼の好き嫌いの多さが気になってはいるものの対策が見つからない…という人が多いのかもしれませんね。

苦手なものが食べられるようになるマル秘料理テク



■小鉢に少しだけ出す

「一口でいいから」と食べてもらう方法です。一口でも食べられたら大進歩! 食べて「あれ? おいしいぞ」「昔はダメだったけど食べられるかも」となることもあるんです。ドンと山盛りで出されると食べる前にゲンナリされてしまいそうですが、小鉢に少しだけなら食べてくれるかもしれません。

■味の濃いものに紛れさせる

たとえばニンジンが苦手だとしてニンジンそのものの味がする味つけや薄味はNG。カレーなど味の濃いものに入れた方が食べやすくていいんです。たしかにニンジンのソテーなどはニンジン感が強く、嫌いだと厳しいのは何となくわかりますよね。食材そのものの味が嫌いな場合はだいたいこれでいけますよ。

■みじん切りして混ぜ込む

彼にバレないように食べてもらうにはこちらが1番♡みじん切りして原型がわからないようにしてしまえば気づかず食べてくれるかもしれません。後からバラすもよし、しばらくみじん切りで混ぜ込んでごまかすもよし。「教えて欲しくなかった」と後からバラされてショックを受ける男性もいるみたい。

■お互いどうしても食べられないものだけ2~3あげてそれ以外は食べる約束をする

お互い好き嫌いはあります。でも大人ですしいつまでも好きなものだけ食べ続けるわけにはいきませんよね。どうしても食べられないものを決めて、それ以外はお互い食べる約束をして克服を目指すのも◎これなら平等&一緒に頑張ろうと思えます。

■好きなメニューと一緒に出す

彼の大好物と合わせて出すのも手です。苦手なものを先に食べる人、最後に食べる人とさまざまですが好きなものがあるからこそ頑張って食べられますよね? 苦手なものには必ず好きなものがくっついているとなれば彼も食べてくれるはずです。

料理上手で胃袋を掴んでこそ真のお嫁さん候補♡苦手食材をうまくアレンジして出してくれるのはありがたいんだとか。彼の健康のためにも試してみる価値はアリですよ。ぜひ真似してみてはいかがでしょうか?