大人っぽいを通りこしてオバサンコーデになる原因4つ

2018.11.19


「大人っぽい」は褒め言葉ですよね♡友だちからも彼からも褒められる大人っぽコーデを目指している女性も多いのではないでしょうか。しかし、いきすぎると「大人っぽい」ではなく、「オバサンくさい」に。当てはまったら要注意! 大人っぽいを通しこしてオバサンコーデになる原因4つとは?

男性がみんな好きな“大人っぽいコーデ”



たしかに大人っぽいコーデは「落ち着いて見える」「キレイなお姉さん風が好み」と男性ウケは抜群なんです♡どこに気をつけているか女性に聞くと「黒やブラウンを着る」「スカート丈は長めを選ぶ」などが多いみたい。ただそれでは大人っぽくはなるかもしれませんが、老け見えする可能性が高いから気をつけないといけません。

大人っぽいを通りこしてオバサンコーデになる原因4つ



■色合いが地味

大人っぽさを意識しすぎて地味な色合いになってしまうのはオバサンコーデになる失敗のもと。ベージュやカーキメインなど地味な色を選んでしまうとどうしても老けて見えてしまうんです。老けないポイントは古いデザインの服を選ばないこと。レトロなデザインのワンピースを着るときに地味色を選んでしまうとオバサン感が出てしまいます。派手色が苦手ならラベンダーなど柔らかい色を選ぶのが正解です。

■丈感が長すぎて野暮ったい

着丈の長いアンサンブルにひざ下丈のフレアスカートなど。ボトムスだけでなく、トップスの丈感もかなり重要になってきます。とはいえ短すぎるのも今のトレンドではなく古臭い昔っぽい着こなしになってしまうから気をつけて。ゆる×ゆるコーデは男性からするとオバサンコーデに見えてしまう可能性大です。トップスが長い、はうっかりやりがちなミスかもしれませんね。

■ヒョウ柄、ニーハイブーツ、ミニスカなど昔流行ったリバイバルアイテム

若い子が着ると新鮮で可愛くてもブーム二度目、三度目の世代が着るとマッチしすぎ! 古めかしく見えてしまうみたい。若づくりしすぎは要注意ですね。取り入れるなら今っぽい着こなしを意識して、ヒョウ柄は小物で取り入れるなど工夫するのが◎すべてのアイテムをリバイバルアイテムにするとただの古い人になってしまいますよ。

■古い形のデニム

デニムにもトレンドがあります。つい体形隠しで選びがちな形も野暮ったく見える原因に。オバサンはゆるいシルエットの古めかしいデニムを愛用しているイメージはありませんか? スキニーが苦手ならボーイフレンドデニムやストレートデニムなどで古さを回避しましょう。プチプラでもOK♡

あなたのコーデは老け見えしていませんでしたか? 彼の反応がイマイチだと心の中で「オバサンくさいな」と思われてしまっているかもしれません。ポイントに気をつけて大人っぽいキレイなお姉さん風コーデを目指していきましょう♡